Yahoo!辞書

kotobank > 皮膚悪性リンパ腫とは

 

皮膚悪性リンパ腫 【ひふあくせいりんぱしゅ】

  • 1件の用語解説(皮膚悪性リンパ腫で検索)

家庭医学館の解説

ひふあくせいりんぱしゅ【皮膚悪性リンパ腫】
 
 血液成分の1つに白血球(はっけっきゅう)があります。白血球には数種類がありますが、その1つがリンパ球です。リンパ球は、さらにT細胞とB細胞とに分けられます。
 健康な人のリンパ球はリンパ節でつくられますが、皮膚の中でリンパ球が増える状態になることがあります。その増えるリンパ球が、がん細胞である場合を皮膚悪性リンパ腫といいます。
 悪性リンパ腫は、リンパ球の性状により、T細胞リンパ腫とB細胞リンパ腫に分けられますが、菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)とセザリー症候群はどちらも皮膚T細胞リンパ腫の仲間です。
 菌状息肉症は、ふつうの湿疹(しっしん)と区別できないような状態が長い間にわたってくり返され(この期間を紅斑期(こうはんき)といいます)、やがて患部が少し盛り上がって硬くなり(扁平浸潤期(へんぺいしんじゅんき)といいます)、そこに腫瘤(しゅりゅう)ができるものです(腫瘍期(しゅようき)といいます)。扁平浸潤期から腫瘍期にかけては、全身のリンパ節、肝臓脾臓(ひぞう)などが腫(は)れ、末期には白血病(はっけつびょう)になることがあります。全経過は20~30年にわたり、最終的には死にいたる病気です。
 セザリー症候群は、全身の皮膚が赤くなり(紅皮症(こうひしょう))、かゆみがあります。全身のリンパ節や脾臓が腫れ、白血球がふえます。その白血球の中にセザリー細胞という特徴的な形をした白血球が出現するため、この名がついています。男性に多く、いずれは死にいたる病気です。


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

皮膚悪性リンパ腫に近い言葉→悪性リンパ腫|リンパ腫|リンパ腫症|非ホジキンリンパ腫|酸性リン酸カルシウム|ジューリング皮膚炎|リンパ浮腫|悪性|Tリンパ球|Bリンパ球

皮膚悪性リンパ腫の関連情報

ショッピング検索

「皮膚悪性リンパ腫」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ