Yahoo!辞書

kotobank > 祝詞とは

 

祝詞 【のりと】

  • 12件の用語解説(祝詞で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のりと【祝詞】 

神事に奏する詞。ノリトノリトゴト(詔刀言,能里等其等,祝詞事,祝詞辞,法刀言)の略言。また,ノト(ノリトの略言),ノット(ノリトの音便),ノトゴト(ノリトゴトの略言)ともいった。ノリトゴトの語義については諸説あるが,代表的なものとしては,宣説言(のりとごと)(本居宣長),御卜言(みうらごと)すなわち占兆解言(ふとのりとごと)(敷田年治),宣処言(のりとごと)(折口信夫)などがある。祝詞は,こんにちでは一般に神に奏上するものとされているが,もとは神から発せられた詞と考えられていた。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノット【祝詞】
 
〔「のりと(祝詞)」の転〕
「 のりと(祝詞) 」に同じ。
能・狂言の謡の一。神職・巫女などが神にささげる祈りの言葉で,ナリ調の散文。
能・狂言の囃子の一。② や山伏の祈禱(きとう)の謡などに併奏される。
歌舞伎下座音楽の一。③ を長唄囃子に移したもので,神仏に祈禱するときに,大・小鼓,能管で打ちはやす。


のりと【祝詞】
 
神事に際し,神前で読み上げて神に申し請う内容・形式の文章。現存する最も古いものは「延喜式」に収められた「祈年祭(としごいのまつり)」以下の二七編。今日でも神事に奏される。文末を「…と宣(の)る」で結ぶ宣命形式のものと「…と申す」で結ぶ奏上形式のものとがあるが,対句や繰り返しを多く用いた荘重な文体である。のりとごと。のと。


しゅくし【祝詞】
 
祝いの言葉。祝辞。しゅうし。
神に祈る言葉。のりと。


のと【祝詞】
 
「のりと(祝詞)」の転である「のっと」の促音「つ」の無表記形。 「神主-いみじく申して/宇治拾遺 10」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祝詞
のりと

祭祀にあたって神前で称える詞章現在でも祭祀のときにつくられるが,文学史のうえでは,通常『延喜式』巻8所収の 27編 (「東文忌寸部献横刀時呪〈やまとのふみのいみきべのたちをたてまつるときのじゅ〉」を除く説もある) ,巻 16所収の「儺祭 (なのまつり) 文」 (これを除く説もある) ,『台記』所収の「中臣寿詞 (なかとみのよごと) 」をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のり‐と 【祝詞】
 
儀式など改まった場面で、神を祭り、また、神に祈るときに神前で唱える古体言葉。現存する最古のものは「延喜式」所収の27編と、藤原頼長日記台記」所収の中臣寿詞(なかとみのよごと)1編。のっと。のと。のりとごと。「―を上げる」

のっ‐と 【祝詞】
 
《「のりと」の音変化
能で、神仏に祝詞(のりと)として捧げる謡。また、その初めに奏する囃子(はやし)
歌舞伎下座音楽の一。神仏に祈祷(きとう)するとき、大鼓・小鼓能管で奏する。
「のりと」に同じ。「宮人にてましまさば―を参られ候へ」〈謡・蟻通

の‐と 【祝詞】
 
《「のっと(祝詞)」の促音の無表記》「のりと」に同じ。「御舟ごとに―申して、一たびに御はらへする程に」〈宇津保・菊の宴〉

しゅう‐し 〔シウ‐〕 【祝詞】
 
祝いの言葉。祝辞。しゅくし。「末広に―を籠めて」〈一葉・うもれ木〉

しゅく‐し 【祝詞】
 
神に祈る言葉。のりと。
祝いの言葉。祝辞。「新年の―を述べる」

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

祝詞 【のりと】

神道祭典のとき,神に奏上する言葉。《古事記》では詔戸詞(のりとごと),《日本書紀》では諄辞と記す。語義には諸説あるが,本居宣長の説いた天子の〈宣(の)り説く〉言葉とするのが普通
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の祝詞の言及

【言霊】より
…言霊の信仰によることばの使用は,ことばを積極的に使って言霊をはたらかせようとする考えと,ことばの使用をつつしんだり避けたりする考えと,二つの面に分かれる。神に祈るのに祝詞(のりと)をとなえたり,よい結果を求めるために祝言をのべたりするのは,言霊のはたらきを期待しているのである。ひとの名を秘めるべきものとしたり,忌詞(いみことば)を使ったりするのは,言霊のはたらきを警戒して,ことばの使用をつつしむのである。…
【神道】より
…準備が整うと,聖なる時間である深夜に,あらかじめ用意された依代(よりしろ)・尸童(よりまし)に神を降して,神前に御饌(みけ)・神酒(みき)が供され,歌や舞が神をもてなすために行われる。人々は神に対する願いを祝詞(のりと)や歌などで伝え,神は託宣やさまざまな卜占によって神意を示す。その後,神々と人々とがともに酒を飲み,御饌を食べる直会(なおらい)によって,神と人とのつながりをたしかめて,神々が祭りの場を去ると,禁忌が解かれて祭りは終わる。…
【寿詞】より
…いわゆる言霊(ことだま)信仰に支えられて寿(ことほ)ぎ祝う言葉である。広義には《古事記》《日本書紀》の〈ほき歌〉や〈酒楽(さかほかい)の歌〉のごとき歌や,《古事記》の櫛八玉(くしやたま)神の〈御饗寿き(みあえほき)の詞(ことば)〉や《日本書紀》顕宗天皇条の〈室寿き(むろほき)の詞〉のような詞を含めるが,狭義には《延喜式》巻八〈祝詞〉所収《出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかむよごと)》と,藤原頼長の《台記別記》所収の1142年(康治1)奏上の《中臣寿詞(なかとみのよごと)》との2編をさしていう。前者は出雲の神々の祝福の言葉を国造が奏上し,後者も《神祇令》に〈凡(およ)そ践祚(せんそ)の日,中臣天神の寿詞を奏す〉とあるように,神の祝福の言葉を中臣氏が奏上した。…
※「祝詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

祝詞に近い言葉→祝詞言・祝詞|祝詞考|祝詞言|詔刀師・祝詞師|天つ祝詞|太祝詞言|太祝詞|祝言

祝詞の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「祝詞」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ