Yahoo!辞書

kotobank > 競争戦略とは

 

競争戦略 【きょうそうせんりゃく】

  • 4件の用語解説(競争戦略で検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

競争戦略とは、ある市場において一定地位を確保するための基本的な方針明確にすることをいう。経営戦略のなかでは、事業レベルの戦略と位置づけることができる。競争の枠組みと基本的な方策提示したものとしては、マイケル・E・ポーターの「5フォース」と「競争優位の戦略」が有名。 競争戦略においては、まずその事業の対象市場と競争相手定義したうえで、市場における自社の競争上のポジションを明確にする。そして競争するのか競争を避けるのか、競争するとしたらどのようにして優位性を確保するのかを検討していく。結果として対象市場と競争相手を再定義し、競争の仕方の基本政策を決定していく。


Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2014の解説

同一産業で競争している企業に勝つための戦略。通常の経営戦略論の重点は、多角化戦略や市場開拓戦略で、むしろまともに他社と競争することを避けて収益を確保する戦略であった。競争戦略は既存市場内でのマーケット・シェアの奪い合いの戦略である。相手より競争上優位に立つ必要があり、競争優位戦略とも呼ばれる。戦略の基本は、価格製品の差別化で競争を有利にすることである。価格を下げるためにはコストで優位を保たねばならない。どこでコストを引き下げるかを分析する方法としては、原材料購入から販売に至る価値連鎖の分析などがある。
( 高橋宏幸 中央大学教授 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

個々の観点から図られる市場分野において、競争相手に対していかに優位性を獲得するか、という対応方針のこと。「競争対抗」と「競争回避」の2種類があり、競争対抗は相手より低コストを実現する「コスト・リーダーシップ」、独自性を打ち出す「差別化」、特定セグメント焦点を当てる「集中」などがある。競争回避には競争相手の得意分野を意図的にずらし、市場獲得のための価格設定広告活動などを展開する方法がある。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロービスのMBA経営辞書の解説

業界において有利な市場地位(ポジション)を確保するために、他社とは異なった独自の戦略行動を選択し、自社のポジションを改善すること。
競争戦略には、様々な考え方があるが、ポーターが提唱した「3つの基本戦略」、すなわち「コスト・リーダーシップ戦略」「差別化戦略」「集中戦略」が有名である。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競争戦略に近い言葉→競争的マーケティング戦略|競争的ポジショニング戦略|競争優位の戦略|輸出競争(輸出補助金)|競争|無競争|競争財|競争心|競争価格|競争試験

競争戦略の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「競争戦略」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月16日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ