Yahoo!辞書

kotobank > 細胞分画法とは

 

細胞分画法 【さいぼうぶんかくほう】

  • 1件の用語解説(細胞分画法で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいぼうぶんかくほう【細胞分画法 cell fractionation】 

細胞破壊して細胞小器官などの細胞内の各構成要素を分離する方法。細胞小器官など細胞構成要素の働きや化学的組成を調べる目的で開発されたもので,細胞を機械的に破砕(細胞破砕cell homogenizationという)し,できるだけ生体内の状態のまま,均一な分画をうるようにくふうされている。一般に,酵素などのタンパク質機能影響を与えない非電解質溶媒通常はショ糖の冷却等張溶液中で細胞破砕してホモジェネートhomogenate(細胞破砕液)にし,このホモジェネートから細胞小器官などの各細胞内構成要素を大きさ,形状密度などの違いによって分画している。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

細胞分画法に近い言葉→細胞分裂|体細胞分裂|ヘルトヴィヒの細胞分裂の法則|分画|画法|透視画法|幾何画法|均等画法|立体画法|画法幾何学

細胞分画法の関連情報

ショッピング検索

「細胞分画法」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ