Yahoo!辞書

kotobank > 経験とは

 

経験 【ケイケン】

  • 2件の用語解説(経験で検索)

デジタル大辞泉の解説

けい‐けん 【経験】
 
[名](スル)
実際に見たり、聞いたり、行ったりすること。また、それによって得られた知識技能など。「―を積む」「―が浅い」「いろいろな部署を―する」
哲学で、感覚知覚によって直接与えられるもの。
[用法]経験・体験――日常的な事柄については「経験(体験)してみて分かる」「はじめての経験(体験)」などと相通じて用いられる。◇「経験」の方が使われる範囲が広く、「経験を生かす」「人生経験」などと用いる。◇「体験」は、その人の行為実地での見聞限定して、「恐ろしい体験」「体験入学」「戦争体験」のように、それだけ印象の強い事柄について用いることが多い。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいけん【経験】
 
( 名 ) スル
直接触れたり,見たり,実際にやってみたりすること。また,そのようにして得た知識や技術。 「はじめての-」 「この痛さは-しなければわからない」 「 -を積む」 「 -が浅い」
実験。 「蒸気の力を-する器具を製せしが/西国立志編 正直」
〘哲〙 理念・思考や想像・記憶によってではなく,感覚や知覚によって直接に与えられ体験されるものごと。 〔 (1) 漢籍では「体験,体感」の意。英語 experience の訳語とした。中村正直訳「自由之理」(1872年)にある。 (2) 類義の語に「体験」があるが,「体験」は自分自身の身をもって実際に行う意。それに対して「経験」は自分で実際に見たり聞いたりして知識・技術などとして身につける意〕


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経験に近い言葉→未経験|経験則|経験者|経験論|「と」学会の経験則|経験主義|経験科学|経験学習|経験批判論|経験的概念

経験の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「経験」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ