Yahoo!辞書

kotobank > 絵暦とは

 

絵暦 【えごよみ】

  • 4件の用語解説(絵暦で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えごよみ【絵暦】 

絵や記号暦象を記した暦。大小暦や南部盲暦(めくらごよみ)が代表であり,江戸時代半ば以降多く作られるようになった。大小暦は月の大小を種々の絵で奇抜表現した暦で,貞享元禄(1684‐1704)のころから作られ,1765年(明和2)以降急激流行した。文人や浮世絵師などが意匠をこらした大小暦を木版刷りにして年始回礼に贈答する風も行われ,実用からしだいに趣味娯楽のための暦になった。南部盲暦は盲暦,座頭暦ともよばれ,文字を知らぬ人にも理解できるように作られた絵暦で,田山暦と盛岡暦の2種類がある。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

絵暦 【えごよみ】

絵や記号で記された暦。大小暦は旧暦の月の大小を絵で表現したもので,しだいに趣味化した。座頭暦とか南部暦と呼ばれる暦は,かつては〈盲暦〉ともいわれ,文字を知らない人間にもわかるように,江戸時代から奥州南部地方でつくられた。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

インタレストマッチ - 広告の掲載について

デジタル大辞泉の解説

え‐ごよみ 〔ヱ‐〕 【絵暦】
 
暦日を説明するために干支(えと)・暦神などの絵を加えた暦。絵入り暦。
文字を用いず絵と記号だけで暦日・歳事などを表した暦。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えごよみ【絵暦】
 
文字の読めない庶民のために,絵でしるした暦。近世,南部藩のもの(南部暦)が著名。めくらごよみ。
絵のある暦。歳徳神(としとくじん)・金神(こんじん)などの神像や,干支(えと)・星辰の吉凶を絵でしるしたもの。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絵暦の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「絵暦」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月18日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ