Yahoo!辞書

kotobank > 罵るとは

 

罵る 【ノノシル】

  • 4件の用語解説(罵るで検索)

デジタル大辞泉の解説

ののし・る 【罵る】
 
[動ラ五(四)]
ひどい言葉悪口を言う。声高に非難する。罵倒(ばとう)する。「口汚く―・る」
わめき立てる。大声で言い騒ぐ。「長い廊下に人が押し合って、がやがやと―・る」〈鴎外心中
声高く鳴く。やかましく音を立てる。「犬どもの出で来て―・るもいと恐ろしく」〈浮舟
盛んにうわさされる。評判になる。「六条院の春の殿とて世に―・りし玉の台(うてな)も」〈・匂宮〉
権勢が盛んである。はぶりがよい。「左の大臣(おとど)北の方にて―・り給ひける時」〈大和・一二四〉

の・る 【罵る】
 
[動ラ四]悪口を言う。ののしる。「大長谷王、其の兄を―・りて言ひけらく」〈・下〉

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ののしる【罵る】
 
( 動ラ五[四] )
大声で非難する。どなってしかる。 「人前かまわず-・る」
口汚く悪口を言う。 「役立たずめと犬を-・る」
声高にものを言う。やかましく騒ぎ立てる。 「日しきりにとかくしつつ,-・るうちに夜更けぬ/土左」
大きな音がする。 「響き-・る水の音を聞くにも…/源氏 蜻蛉」
世間の評判になる。また,やかましくうわさする。善悪ともにいう。 「この世に-・り給ふ光源氏/源氏 若紫」
[可能]ののしれる


のる【罵る】
 
( 動ラ四 )
悪口を言う。ののしる。 「三人の尼をば打ち凌(りよう)じ,-・りはづかしめて/三宝絵詞 中」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

罵るに近い言葉→言罵る|笑ひ罵る

罵るの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「罵る」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ