Yahoo!辞書

kotobank > 羽目板とは

 

羽目板 【はめいた】

  • 5件の用語解説(羽目板で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はめいた【羽目板】 

建築物や工作物の壁における板張り一種で,同一平面に張った板をいう。板を張る方向によって横羽目と竪(たて)羽目とがあり,竪羽目の場合は板の接ぎ目に目板(めいた)を打つものもある。壁の下方1mくらいに張った場合は腰羽目という。横板張りで板を少しずつ重ねて羽重ねに張るものは下見板といい,羽目板とは区別する。日本建築では横羽目が古来手法で,鐘楼の袴腰など特定のものに竪羽目が用いられたが,鎌倉時代伝来した禅宗様(唐様)では竪羽目が使われ,以来竪羽目も広く用いられるようになった。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

羽目板 【はめいた】

板で張りあげた壁(羽目)の板のうち比較的幅の狭いものをいう。同一平面に張る羽目板張りと,羽重ねに張る下見板張り大別される。位置により腰羽目・高羽目,方向により竪(たて)羽目・横羽目があるが,横羽目は雨仕舞の関係から内部仕上げ多用される。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

木造建築外壁仕上げの一種で、たて張りの板材を指す。真壁の外壁の土塗壁などの保護のために土塗壁の上に張られることが多い。


Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はめ‐いた 【羽目板】
 
羽目に張った板。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はめいた【羽目板】
 
羽目に張った板。はめ。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽目板に近い言葉→切り目板・切目板|切目板|羽目|目板|敷目板|目板鰈|布羽目|腰羽目|板羽目|松羽目

羽目板の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「羽目板」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ