Yahoo!辞書

kotobank > 脾臓損傷(脾損傷)とは

 

脾臓損傷(脾損傷) 【ひぞうそんしょうひそんしょう】

  • 1件の用語解説(脾臓損傷(脾損傷)で検索)

家庭医学館の解説

ひぞうそんしょうひそんしょう【脾臓損傷(脾損傷) Injury of Spleen】
 
[どんな病気か]
 胸の左側や上腹部を打ったり、圧迫されたり、刃物で刺されたり、銃で撃たれたりしたときにおこります。
 左上腹部の鋭い痛み、吐(は)き気(け)や嘔吐(おうと)をともなうこともしばしばです。
 脾臓(ひぞう)は血液豊富臓器で、損傷を受けると出血量が多くなり、出血性(しゅっけつせい)ショック(「腹部外傷」の出血性ショック)におちいって生命にかかわることが少なくありません。症状も、出血が少しずつ続けば遅れて出ます。
[検査診断]
 症状からほぼ推察できますが、腹部X線撮影超音波検査、CTなどで確認します。
[治療]
 出血量が少なく、血圧正常で安定しているなど全身状態良好であれば、輸液輸血といった保存療法経過観察します。
 少し出血量が多いときは、脾動脈塞栓術(ひどうみゃくそくせんじゅつ)(コラム脾動脈塞栓術」)が行なわれることがあります。
 血圧が低く、輸液をしても上昇しないなど全身状態が悪いときは、開腹し、出血を止める手術をします。
 脾臓を摘出すると、あとで脾摘後重症感染症(ひてきごじゅうしょうかんせんしょう)(敗血症(はいけつしょう)など)がおこることがあるといわれているので、脾臓は摘出せず、残すのが原則です。
 打撲(だぼく)や圧迫による損傷の場合、そのときは出血していなくても、受傷後、数日から1週間すると脾臓が破裂し、大出血になることがあります(遅発性破裂(ちはつせいはれつ))。このため、脾臓損傷の場合は、10日~2週間くらい入院して経過を観察することもあります。


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

脾臓損傷(脾損傷)に近い言葉→頸髄損傷|損傷|高位頸髄損傷|高位脊髄損傷|損傷デンプン|脊髄損傷|胸髄損傷|特定損傷特約|脾臓|脾臓血 (stocked blood in spleen)

脾臓損傷(脾損傷)の関連情報

ショッピング検索

「脾臓損傷(脾損傷)」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ