Yahoo!辞書

kotobank > 若年性認知症とは

 

若年性認知症 【じゃくねんせいにんちしょう】

  • 4件の用語解説(若年性認知症で検索)

知恵蔵2014の解説

18歳以上、65歳未満発症する認知症の総称。65歳以上で発症する老人性認知症同様に、脳血管障害アルツハイマー病などによってもの忘れ、言語障害などの症状が現れる。
2009年3月に厚生労働省の調査結果公表され、全国で推計3万7千800人の患者がいることが明らかになった。人口10万人当たりにすると47.6人で、男女別では男性が57.8人、女性が36.7人と男性の方が多い。働き盛りの40代後半では、人口10万人に27.1人が若年性認知症に罹患(りかん)しているとされ、年齢を追うごとに急激に増加し、60代前半では189.3人に達する。基礎疾患としては、脳血管性認知症、アルツハイマー病が大半を占めるが、頭部外傷後遺症前頭側頭葉変性症アルコール性認知症などの疾患が原因となっていることもある。
老人性認知症が人口10万人に7千~8千人と言われているのに対して人数は少ないが、働き盛りの若年者の認知症は家族にも大きな影響を与え、問題となっている。前述の厚労省の調査では、介護家族の約6割が抑うつ状態にあると判断され、約7割が収入が減ったと回答している。06年に公開された「明日の記憶」で主演の渡辺謙が若年性認知症を患う主人公を演じ、多少認知度は高まったものの、周囲理解がないことによる本人や家族のストレスもいまだ大きい。
そのため、国は09年度にはコールセンターの開設自立支援ネットワーク構築などのほか、ケア・モデル事業を実施するなど、若年性認知症患者とその家族の支援を行っていくとしている。
( 小林千佳子 フリーライター )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2009」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゃくねんせいにんちしょう【若年性認知症】
 
65 歳未満で発症した認知症。ピック病や若年性アルツハイマー病など。 → 認知症ピック病若年性アルツハイマー病


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

現役世代」の65歳未満で発症する認知症。働き盛りの一家の大黒柱が発症すると、一家の収入が急に途絶えてしまうなど、高齢者の認知症とは違った問題がある。若年性認知症の人の数は、県内で2160人にのぼるとみられる。
( 2014-01-28 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゃくねんせい‐にんちしょう 〔‐ニンチシヤウ〕 【若年性認知症】
 
65歳未満で発症する認知症の総称。アルツハイマー病脳血管障害ピック病などで起こる。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若年性認知症に近い言葉→老年性認知症|老人性認知症|若年認知症|脳血管性認知症|認知症|若年性糖尿病|若年性悪性貧血|若年性ポリープ|若年性網膜分離症|若年性パーキンソン病

若年性認知症の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「若年性認知症」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ