Yahoo!辞書

kotobank > 蛸配当とは

 

蛸配当 【たこはいとう】

  • 5件の用語解説(蛸配当で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たこはいとう【蛸配当 bogus dividend】 

違法配当のことで,株式会社有限会社において,配当可能利益がないにもかかわらず,利益配当をすることをいう。略してタコ配ともいう。商法上,株式会社は,貸借対照表上の資産額から負債額を差し引いた純資産額から,さらに資本金・法定準備金などの控除をして算出される配当可能利益を超えて,利益配当(配当)することはできない(商法290条1項,有限会社につき有限会社法46条1項)。これに違反した利益配当は蛸配当となる。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

蛸配当 【たこはいとう】

会社が,配当可能利益がないのに利益配当をすること。会社法上は違法配当という。〈たこ配〉と略すことが多い。ふつう資産過大評価,負債の過小評価によって行われる。このような行為無効とされ,会社は株主社員にその返還を,会社債権者も会社への返還を請求できる。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たこはいとう【蛸配当】
 
〔俗に,タコは空腹になると自分の足を食うといわれるところから〕
配当を可能にする利益がない会社が,株主に利益配当をすること。蛸配。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たこ‐はいとう 〔‐ハイタウ〕 【×蛸配当】
 
《蛸は空腹のときに自分の足を食うといわれるところから》株式会社において、配当しうる利益がないのに決算時の操作によって計算上の利益を生み出し、配当を行うこと。違法配当。たこ。たこはい。蛸足配当

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

違法配当 」のページをご覧ください。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛸配当に近い言葉→蛸配|見做し配当|配当|配当性向・配当利回り|無配当|配当率|配当金|蛸足配当|配当落ち|利益配当

蛸配当の関連情報

ショッピング検索

「蛸配当」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ