Yahoo!辞書

kotobank > 衵扇とは

 

衵扇 【あこめおうぎ】

  • 3件の用語解説(衵扇で検索)

百科事典マイペディアの解説

衵扇 【あこめおうぎ】

平安時代男子の檜扇(ひおうぎ)に対して衵姿宮廷女子が持った扇。ヒノキ薄板を彩糸(いろいと)でとじ,絵を描いたもの。近世には板の数は39枚となり,これに山水,瑞鳥などの金銀泥絵(でいえ)を描き,親骨からは彩糸の余りを長くたらし,そのもとに松,梅,タチバナなどの糸花飾りをつけるようになった。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あこめおうぎ【衵扇】
 
檜扇(ひおうぎ) 」に同じ。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あこめ‐おうぎ 〔‐あふぎ〕 【×衵扇】
 
宮廷の女房礼装のときに用いた檜扇(ひおうぎ)草木人物などの絵を描き、切り箔・砂子などを散らした。近世以降は、両端の親骨の上部に糸花をつけ、色糸を長く垂らす。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の衵扇の言及

【衵】より
…それがのちには女装の表着にもなり,童女や一般の日常にも着用された。(3)衵扇と書いて〈あこめおうぎ〉,あるいはたんに〈あこめ〉とよんだものがあった。男子が用いる檜扇(ひおうぎ)と同様に,衵姿の女性が持ち,ときには高貴の子弟である少年も用いた。…
【扇】より
…なお近世にいたっては橋数は39枚,これに花樹,山水,瑞鳥などの金銀泥絵を描き,親骨からは白,紅,紫,薄紅,黄,青などの組糸をたらし,そのもとに松,梅,橘などの造花をつけた純儀式的なものとなった。この女子の檜扇を一名衵扇(あこめおうぎ)ともいう。
[蝙蝠扇(かわほりおうぎ)]
 紙扇も平安時代に極度に発達し,これが檜扇とともに中国に渡り,さらに中国からヨーロッパにひろまっていった。…
※「衵扇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

衵扇の関連情報

ショッピング検索

「衵扇」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月25日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ