Yahoo!辞書

kotobank > 装束とは

 

装束 【ショウゾク】

  • 8件の用語解説(装束で検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぞく 〔シヤウ‐〕 【装束】
 
衣服を身に着けること。装うこと。また、その衣服。装い。いでたち。多く、衣冠束帯など、特別な場に合わせたものについていう。「旅の―」「白―」「四人は孔雀(くざく)の―す」〈宇津保・楼上下〉
家屋道具などを飾りつけたり整えて支度したりすること。しつらえ。また、その装飾品。「御車の―解きて」〈かげろふ・中〉

そう‐ぞく 〔サウ‐〕 【装束】
 
「しょうぞく(装束)1」に同じ。「壺(つぼ)―」「―の袴(はかま)を取り寄せさせ給ひて」〈夕顔
「しょうぞく(装束)2」に同じ。「参りて奏せむ。車に―せよ」〈大鏡花山院

そう‐ずく 〔サウ‐〕 【装束】
 
「しょうぞく(装束)」に同じ。「二人の婿の―」〈落窪・一〉

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

装束 【しょうぞく】

〈そうぞく〉とも読む。物を飾ること。中古以来公武男女の公服,すなわち束帯衣冠直衣(のうし),狩衣(かりぎぬ),直垂(ひたたれ),裳(も),唐衣(からぎぬ)等を身を飾るという意味で装束と呼び,また朝廷公事(くじ)儀式行われる際,式場を装飾することも装束するという。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。

装束 【そうぞく】

装束 」のページをご覧ください。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しょうぞく【装束】
 
〔古くは「そうぞく」とも〕
特別の場合のための,整った一そろいの服装。衣冠・束帯・直衣(のうし)など,一定の法式にかなった装い。また,それで盛装すること。身じたくすること。いでたち。 「晴れの日のための-」 「白-」
衣服。着物。 「わらはが-のあるをば取て,いかならん僧にも取らせ/平家 9」
衣服を身に着けること。装うこと。そうずく。 「季通も-してゐたり/宇治拾遺 2」
室内・庭・車などを飾ること。また,その飾り。 「極(いみじ)く-仕たる女車の乗り泛(こぼ)れたる/今昔 24」


そうぞく【装束】
 
( 名 ) スル
「 しょうぞく(装束) 」に同じ。 「まゐりの夜の人々-せさせ給ふ/源氏 乙女」


そうずく【装束】
 
「 しょうぞく(装束) 」に同じ。 「 -一領ばかり/蜻蛉 上」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

装束に近い言葉→替え装束・替装束|替装束|壺装束|染装束|装束く|童装束|襲装束|萎装束|強装束|雨装束

装束の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「装束」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月18日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ