Yahoo!辞書

kotobank > 赤栴檀とは

 

赤栴檀 【しゃくせんだん】

  • 1件の用語解説(赤栴檀で検索)

大辞林 第三版の解説

しゃくせんだん【赤栴檀】
 
香木の一。檀香の一種で,木肌の色が赤みを帯びている。白檀の芯材をいうこともあり,中国では沈香を指すこともあった。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤栴檀の言及

【香木】より
…香道では静かな品のよい立味のものだけを佐曾羅として用い,茶道では風炉の点前に用いる。赤栴檀(しやくせんだん)や紫藤香(しとうこう)あるいは和木(わぼく)と呼ばれる古材などをも包含する。寸門多羅も音訳で当て字が多い。…
※「赤栴檀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤栴檀に近い言葉→栴檀草|栴檀講|牛頭栴檀|栴檀の板|瓊枝栴檀|栴檀|栴檀は双葉より芳し|栴檀二葉

赤栴檀の関連情報

ショッピング検索

「赤栴檀」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月26日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ