Yahoo!辞書

kotobank > 釣書とは

 

釣書 【つりがき】

  • 2件の用語解説(釣書で検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

見合いする本人プロフィールを記したもの。内容氏名生年月日本籍現住所学歴職歴身長体重趣味特技資格、家族の氏名・生年月日・職業・学歴・両親の出身地など。すべて書いてある場合も有りますが、身長・体重・特技・資格・家族の学歴、出身地などは書かれていない場合も。家族書と共に取り交わしますが、近年では釣書の中に含まれる場合が多いようです。元々は関西で使われている言葉で、関東では身上書といいます。近年は関東でも釣書と呼ばれています。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つり‐がき 【釣(り)書(き)/×吊り書(き)】
 
縁談にあたり、相方で取り交わす身上書(しんじょうしょ)。つりしょ。
系図。つりぶみ。「代々楠が―、家に伝へし武道具の目録持参して」〈浮・新可笑記〉

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釣書の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「釣書」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月19日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ