Yahoo!辞書

kotobank > 長押とは

 

長押 【なげし】

  • 8件の用語解説(長押で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なげし【長押】 

日本建築において柱をつないで柱面に打ち付けた化粧横木をいう。〈ながおし〉の略。棖の字を当てる場合もあるが,棖は方立(ほうだて)である。使用する場所によって,地面に接する地(じ)長押,縁の上にある切目(きりめ)長押,切目長押上の丈の低い半長押,窓下の腰長押,開口部の上方位置する内法(うちのり)長押,内法長押より上にある上(かみ)長押,蟻壁(ありかべ)を受ける蟻壁長押天井に接する天井長押などがある。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なげし【長押】
 
和風建築で,鴨居(かもい)の上や敷居の下などの側面に取り付けた,柱と柱の間をつなぐ横材。位置により,地覆(じふく)長押・縁(えん)長押・内法(うちのり)長押・天井長押などがあり,普通には内法長押のことをいう。元来は構造材であったが,貫(ぬき)の発達により装飾材へと変化していった。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

なげし【長押】
 

日本建築で柱と柱の間の壁面に取り付ける横木。中世以前は柱を横につなぐための構造材であったが、工法発展によりその役目装飾材へと変化し、部屋の格式を示すようになった。柱の下端をつなぐ地長押、窓下の腰長押、開口部上部の内法(うちのり)長押、天井に接する天井長押などがある。なかでも内法長押は現代住宅にも多く使われている。◇「長()が押し」の転。


(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長押 【なげし】

和風建築で,柱と柱の間の壁面に取り付ける装飾的横木。中世以前は柱を連結するための構造材であったが,貫(ぬき)の使用により,装飾材となった。天井近くの天井長押,鴨居(かもい)上に取り付けられる内法(うちのり)長押,これと天井の間の蟻(あり)壁長押,塀・廊下等の地面に接する部に設けられる地覆(じふく)長押等がある。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長押
なげし

日本建築で,柱面に水平に打付けて柱を連結する材。本来は構造材であったが,貫 (ぬき) が多く用いられるようになってから化粧材になった。取付け位置によって下から「地長押」「縁長押」「腰長押」「内法 (うちのり) 長押」「蟻壁長押」「天井長押」などの種類がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なげし 【押】
 
日本建築で、柱から柱へと水平に打ち付けた材。もとは柱を連結する構造材であったが、貫(ぬき)が用いられるようになってから装飾化した。取り付ける位置によって、地長押・腰長押・内法(うちのり)長押・蟻壁(ありかべ)長押・天井長押などがある。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

柱から柱へ水平に取り付けた化粧材。取り付け位置により呼び名が異なるが(地覆長押、腰長押、内法長押、アリ壁長押など)、一般には品格をもたせるために、和室の鴨居上部に内法長押(うちのりなげし)のみを取り付けることが多い。


Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産用語辞典の解説

鴨居の上部に床と平行状態で付ける化粧材のことを「長押」といいます。
元来は、軸組を引き締める役割を果たしていましたが、現在では、壁を装飾する部材となっています。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長押の言及

【社寺建築構造】より
…同じ木造であっても,材木を横にして積み重ねる校倉(あぜくら)のような構造は,倉庫その他のごく一部の建築にしか使われなかった。骨組みのなかで最も重要なのは,柱と,これをつなぐ梁(はり),貫(ぬき),長押(なげし)で,壁は単なる仕切りにすぎず,構造的に重要な意味をもたない。そのため,壁をまったくもたない建築も可能であり,また一般に窓や出入口は煉瓦造,石造に比べてはるかに大きい。…
※「長押」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長押に近い言葉→切り目長押・切目長押|切目長押|上長押|下長押|半長押|縁長押|腰長押|地長押|地覆長押|内法長押

長押の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「長押」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ