Yahoo!辞書

kotobank > 限りとは

 

限り 【カギリ】

  • 2件の用語解説(限りで検索)

デジタル大辞泉の解説

かぎり 【限り】
 
時間・空間数量程度などの境や限界。また、終わり。最後。「―ある命を生きる」「学問世界に―はない」「今を―と鳴きしきる蝉(せみ)
(活用語の連体形や名詞直接、または名詞に「の」の付いた形に付く。副詞的にも用いる)ある範囲制限の内にあることを表す。
その範囲の内。あいだ。「私の聞いた―では、そうではなかった」「命ある―忠誠を尽くします」
その制限の内。「本日―の大安売り」「チャンスは一回―だ」「緊急の場合はこの―ではない」
その範囲内すべて。全部。「見渡す―の大平原」
そのことの限度いっぱい。限界まで。「力の―戦う」「心強い―である」「乱暴の―を働く」
接続助詞的に用いて)…するあいだは。…である以上は。…するからには。「君がここにいる―僕も付き合う」「正直に言わない―帰さない」
命が絶える時。臨終。「国に行き着きければ、―なる様になりにけり」〈今昔・三一・二八〉
葬式野辺送り。「―の有様さへはかなげにて、煙も多くむすぼほれ給はずなりぬるも」〈総角
特定の場合物事限定していう。だけ。「牛の―引き出でて往(い)ぬる」〈・二五〉
さだめ。きまり。規則。「祭りのほど、―ある公事に添ふこと多く」〈・葵〉
[下接語]有らん限り有る限り命限り命の限りお見限り(こん)限り身代限り(そ)の場限り・骨限り

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かぎり【限り】
 
一定の範囲の限界となるぎりぎりの点。
数量・程度の限界。 「数には-がある」 「人間の欲望には-がない」
空間的・時間的限界。はて。最後。 「 -もなく広がる海原」 「今日を-と戦う」
物事の行きつく上限。最上。きわみ。 「光栄の-」 「うれしい-だ」
一定の範囲・限界のうち。
その範囲のうち。だけ。 「できる-のことはした」 「私の知る-ではない」 「緊急の場合はこの-ではない」
あるだけ全部。 「声を-に叫ぶ」 「力の-戦う」 「見渡す-の原野」
(修飾の語句を伴って)
その内容を限定する。 「考えを改めない-許さない」
その範囲を限定・制限する。 「今日-絶交する」 「この場-の話」
一生の終わり。臨終。 「 -とて別るる道のかなしきにいかまほしきは命なりけり/源氏 桐壺」
葬送。とむらい。 「 -の有様さへはかなげにて/源氏 総角」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

限りに近い言葉→限り限り決着|限り限り|御見限り|切り・限り|有る限り|限り無い|有り限り|限り無し|根限り|命限り

限りの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「限り」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ