Yahoo!辞書

kotobank > 電流とは

 

電流 【でんりゅう】

  • 6件の用語解説(電流で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんりゅう【電流 electric current】 

電気の流れ,すなわち電荷運動する現象を一般に電流という。電流の強さは,ある断面を通って1秒間に流れる電荷(単位クーロン)の量で測られ,この単位をアンペアといい,記号Aで表す。また,電流の向きは正の電荷の流れる向きと約束する。電流が広い電解質や導体の中で分布しているときは電流密度が用いられる。これは単位面積の断面を通って流れる電流であり,その大きさはA/m2の単位で測る。電流密度は大きさのほかに方向をもつベクトル量である。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電気・電力用語の解説

乾電池の+極と-極を結ぶと電気が流れ、豆電球などがつきます。このような電気の流れが電流です。
電流には直流交流の2種類があります。乾電池や蓄電池(ちくでんち)の電流が直流です。いつも+極から-極へと電流は流れています。
ところが、交流では電流の方向が一定周期(しゅうき)で交替(こうたい)しています。つまり、+極と-極が時間とともに入れかわっているのです。電圧も同じ周期で変化をしています。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電流
でんりゅう
electric current

普通電荷の移動を電流といい,正電荷の流れる向きを電流の向きとする。電流は熱を発生したり,まわりに磁場をつくり,また電解などの化学作用に関与する。導体,その他の任意の断面を単位時間垂直通過する電気量を電流の強さといい,SI単位アンペアである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でんりゅう【電流】
 
電荷が連続的に移動する現象。その大きさは,単位時間当たりに通過する電気量で表す。単位はアンペア。記号 A  


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電流 【でんりゅう】

電荷が運動する現象。導体の断面または他の任意の面を単位時間に通る電荷の量を電流の強さといい,SI単位はアンペア(A),向きは正電荷の移動方向(電子の運動と逆方向)にとる。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

でん‐りゅう 〔‐リウ〕 【電流】
 
電気が導体の中を流れる現象。電位の高い方から低い方へ流れる。その大きさは、単位時間に単位断面を通過する電気量で表す。単位はアンペア

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電流に近い言葉→二次電流|地電流|電流計|光電流|熱電流|電流密度|励磁電流|変位電流|静止電流|音声電流

電流の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「電流」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ