Yahoo!辞書

kotobank > 領家変成帯とは

 

領家変成帯 【りょうけへんせいたい】

  • 4件の用語解説(領家変成帯で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうけへんせいたい【領家変成帯】 

西南日本内帯の最も外側(太平洋側)に位置する構造単元で,中央構造線北側に沿って延長700km以上にわたって分布する。領家帯とも呼ばれる雲母片岩,片麻岩などの高温低圧型の領家変成岩類と,領家花コウ岩類(古期と新期に分けられる)とからなるが,花コウ岩類の方が分布が広い。美濃‐丹波帯と呼ばれる北側の非変成帯(主として三畳紀~ジュラ紀の海成層からなる)から漸移的に移化する。変成岩・花コウ岩類の放射年代はほとんどすべて白亜紀を示す。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

りょうけ‐へんせいたい 〔リヤウケ‐〕 【領家変成帯】
 
長野県南部から九州にかけて中央構造線の北側に分布する、高温・低圧で形成された変成岩からなる地帯。片麻岩と花崗(かこう)岩類からなり、変成時期中生代白亜紀。
◆領家変成岩の出土する静岡県天竜川の支流水窪(みさくぼ)川沿いの地名、奥領家による。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領家変成帯
りょうけへんせいたい

中央構造線の北側に沿って分布する,片麻岩主体とする広域変成帯日本列島の形成に関係した白亜紀造山運動によってできたものと考えられている。分布は長野県高遠付近に始まり,紀伊半島北部から瀬戸内海地域を通って熊本県八代付近に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りょうけへんせいたい【領家変成帯】
 
長野県南部から九州にかけて中央構造線に沿ってその北側に分布する広域変成帯。片麻岩類とこれに密接に伴う花崗岩類とからなる。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

領家変成帯に近い言葉→領家‐三波川変成帯|領家変成岩|三郡変成帯|接触変成帯|三波川変成帯|高圧型変成帯|低圧型変成帯|対になった変成帯|変成帯|飛驒変成帯

領家変成帯の関連情報

ショッピング検索

「領家変成帯」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ