Yahoo!辞書

kotobank > 頻脈とは

 

頻脈 【ひんみゃく】

  • 4件の用語解説(頻脈で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひんみゃく【頻脈 tachycardia 

頻拍ともいう。心臓の拍動数(心拍数)が多くなった状態をいい,成人では1分間に100以上の状態をいう。これに対し,心拍数が減少し,成人の場合,50以下の状態を徐脈(または徐拍)bradycardiaという。健康な人でも,精神的興奮不安,ある種の薬物の摂取運動などによって,心拍数が増加し,頻脈の状態になるが,刺激伝導系異常による不整脈では,以上のような生理的原因以外でも頻脈が起こる。 頻脈のあるときの症状で,最も多いのは動悸であり,ときに胸部不快感,胸痛息切れなどが伴う。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頻脈
ひんみゃく
tachycardia

成人で1分間に 100回以上の脈拍をいう。発熱時,貧血心不全,出血後,甲状腺機能亢進症,心筋炎などの際にみられる。ただ,小児の場合,心拍数は正常でも毎分 100をこえている。なお,頻脈の特殊な型に発作性頻脈がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひんみゃく【頻脈】
 
脈拍数が異常に多い状態。普通毎分一〇〇以上をいう。運動や興奮時のほか,心臓の病気やバセドー病などで起こる。頻拍。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひん‐みゃく 【頻脈】
 
脈拍数が異常に多い状態。1分間に100回以上の場合をいう。頻拍。→徐脈

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の頻脈の言及

【不整脈】より

[不整脈の症状]
 自覚症状としてまずあげられるのは動悸である。とくに期外収縮や頻脈の場合には,感じられることが多い。このほか不整脈に伴う症状には,胸部の不快感,胸痛,息切れなどがあり,種々の不快感や不安を伴うことも少なくない。…
【脈拍∥脈搏】より
…ただし,個人によって差があり,スポーツマンでは一回心拍出量は増大するが,脈拍数は逆に少なくなる。成人の場合,脈拍数が増加して毎分100を超した状態を頻脈という。脈拍の増加は,正常の場合でも,精神的興奮や不安,食事,疼痛,運動によってみられる。…
※「頻脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

頻脈に近い言葉→発作性頻脈|発作性頻脈 (paroxysmal tachycardia)|洞性頻脈|頻脈性不整脈|胎児頻脈性不整脈

頻脈の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「頻脈」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月20日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ