Yahoo!辞書

kotobank > 4Pとは

 

4P 【4P】

  • 4件の用語解説(4Pで検索)

グロービスのMBA経営辞書の解説

マーケティング戦略立案実行プロセスの1つである、マーケティングミックスにおいてコントロールできる主な要素製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、コミュニケーション(Promotion)の頭文字を取って4Pと呼ばれる
マーケティング戦略の立案・実行のプロセスは、大きく6つのステップからなる。

1)マーケティング環境分析市場機会発見
2)セグメンテーション(市場細分化)
3)ターゲティング(市場の絞り込み)
4)ポジショニング
5)マーケティング・ミックス(4P)
6)マーケティング戦略の実行と評価

市場におけるチャンスを発見し、顧客を絞り込み、競合よりも魅力的な製品・サービスを作り上げた次のステップが、マーケティング・ミックスである。製品・サービスの価値を損なうことなく顧客に伝えることが求められる。そのために必要な要素が、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、コミュニケーション(Promotion)となる。

4Pを考える際には、個別に考えるのではなく、それぞれのPの整合性を図ることが重要である。例えば、高品質のワインを高価格で販売するために、ディスカウントストアを使用しても、狙ったセグメントには到達できず、整合性がとれているとは言い難い

また、これら4Pとセグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの一貫性も重要である。先ほどのワインの例で言えば、子育てに忙しく、節約して教育費を貯めている4人家族の主婦をターゲットとしながら、高品質のワインを提供することは一貫性がとれておらず、うまくいかない可能性が高い。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーケティング用語集の解説

製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)の4つの頭文字を取ったもの。マーケティング・ミックスのために用いられるマーケティング・ツールを大きく4つに分けたもので、これらのツールを効果的に組み合わせ、市場から期待する反応を引き出すことが、マーケターミッションともいえる。


Copyright © Symphony Marketing Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

4P
よんピー

マッカーシー定義したマーケティング・ミックスの構成要素。製品 (Product) ・場所 (Place) ・プロモーション (Promotion) ・価格 (Price) の頭文字を表す。各P間の関係は,相互に依存し,優先順位はなく,顧客に対して同格で取り扱われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集の解説

マーケティングの4Pとは、マーケティングの主要な要素であるProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)のことをいう。


(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

4Pに近い言葉→問題発見の4P|マッカーシーの4P|マーケティングの4P|4P政策(戦略)

4Pの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「4P」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ