Yahoo!辞書

kotobank > SIMフリーとは

 

SIMフリー 【しむふりー】

  • 2件の用語解説(SIMフリーで検索)

知恵蔵2014の解説

SIMカードの種類を選ばずに使える携帯電話、またそのシステムのこと。SIMカード(Subscriber Identity Module Card)とは、電話番号などの識別情報が記録されたICカードのことで、このカードを差し込むことで携帯電話が使用可能になる。電話機の中には、特定のSIMカードだけで利用できる機能が組み込まれており、これをSIMロックと呼ぶ。
日本の携帯電話は、販売店が新規顧客を獲得するたびに、キャリアが一定の奨励金を支払うシステムが一般的だった。この販売奨励金制度というシステムが、携帯電話の原価割れ販売などを可能にした。長期の契約を確保することによってその差額を埋めることになるのだが、キャリアが奨励金を回収するまで、他キャリアへ乗り換えたり機種を変更したりできない仕組みを維持することが必要となる。このために携帯電話にSIMロックがかけられるのが当たり前だった。しかし、SIMロックされた携帯端末には使用者の利便性を損なう様々な要素がある。普段使っている携帯電話を海外に持ち出したときに海外キャリアのSIMを差しても利用できないなどの不都合はその代表的な例である。販売奨励金制度も2008年を境に廃止され始めたため、SIMフリー化への要求が高まっている。
2010年、総務省はSIMロックの解除を携帯キャリア各社に求め、同年4月、大手キャリア4社は原則解除することに合意し、ユーザーは自由に端末とキャリアを組み合わせて使える可能性が広がった。メーカー側はキャリアに依存しない端末を開発できるため、開発コストを抑えられると同時に広いマーケットに向けて販売が可能となるメリットがある。SIMロックの解除されたSIMフリー携帯が市場に出回ることで、企業間の競争が激しくなり通話料の値下げなど利用者の利便性が高まるとも考えられている。
一方、SIMフリー制度にはデメリット存在する。キャリア各社が推奨しているデータ通信プランなどはSIMロックを前提に料金体系が決められているため、SIMフリーが増えた場合には料金が上昇する可能性が否定できない。キャリアの独自サービスの中にはSIMフリー端末では利用できなくなるものも存在する。海外製の端末や他キャリアの端末などを使用した場合に出てくる不具合や故障もSIMフリー化の問題の一つだ。
SIMフリーには多くのメリットとデメリットが存在するため、ユーザー、キャリア、メーカーの要望意向により柔軟運用されるものと思われる。iPadのSIMロック化販売などは時代の流れにあえて逆行しながらも、SIMロックのメリットを確保したいキャリアの意向が強く反映された事例だ。
( 佐橋慶信  ライター )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2010」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シム‐フリー 【SIMフリー】
 
《 SIM free 》⇒SIMロックフリー

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SIMフリーに近い言葉→SIMフリー版iPhone|SIMロックフリー|フリーゾーン|フリーランダー|フリー&フリー ダメージエイド|フリーズ|バタフリー|フリース|フリースタイル|フリードリヒII世

SIMフリーの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「SIMフリー」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月19日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ