Yahoo!辞書

kotobank > てばとは

 

てば 【てば】

  • 4件の用語解説(てばで検索)

大辞林 第三版の解説

てば
 
〔「と言えば」の転。話し言葉でのくだけた言い方に用いられる。「ん」で終わる語に付く場合以外は,すべて「ってば」の形をとる〕
( 係助 )
体言または体言に準ずるものに接続する。親しみや非難の気持ちをこめて,話題として提示するのに用いる。…たら。 「兄さん-,私をぶつのよ」 「中村さん-,あの人ぐらいめんどうみのいい人はいないね」
( 終助 )
文末にあって種々の語に付く。じれったい気持ちをこめて,呼びかけるのに用いる。 「お母さん,はやくっ-」 「はやく来ないと,行列が過ぎちゃうっ-」


てば
 
( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の未然形「て」に接続助詞「ば」の付いたもの〕
「…たならば」「…ているならば」の意を表す。 「わがよはひ君が八千代にとりそへてとどめおき-思ひいでにせよ/古今 賀」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てば 【てば】
 
《「とい(言)えば」の音変化
[係助]名詞、名詞的な語に付く。
相手の言葉を改めて話題として示す意を表す。…といえば。「ミカンか、ミカン―紀州物がいいな」
話題としてある人を提示し、意外であったり、非難したりする意を表す。…たら。…ったら。…て。「彼っ―案外親切なのよ」
[終助]名詞、活用語の終止形・命令形、助詞などに付く。自分の気持ちがわかってもらえないじれったさを込めて、相手に訴える気持ちを表す。「早くしてっ―」
ともうちとけた対話にだけ用いられ、「ん」以外で終わる語句に付く場合は「ってば」となる。

て‐ば 【てば】
 
連語]《完了助動詞「つ」の未然形+接続助詞「ば」》…たならば。「わが齢(よはひ)君が八千代にとりそへてとどめおき―思ひいでにせよ」〈古今・賀〉

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てばに近い言葉→手羽|打てば響く|テバイ|まてば樫|まてば椎|てばてばしい|立箸|立てば歩めの親心|待てば甘露の日和あり|待てば海路の日和あり

てばの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「てば」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ