Yahoo!辞書

kotobank > サミットとは

 

サミット

  • 12件の用語解説(サミットで検索)

デジタル大辞泉の解説

サミット 【summit
 
頂上の意》
主要国首脳会議。1975年、オイルショックによる世界経済の混乱に対処するために、フランス提唱で始まったもので、主に経済政治問題を協議する。米国・英国・フランス・ドイツイタリアカナダ日本ロシア連邦の8か国の首脳および欧州委員会の委員長が参加し、年1回開催される。主要8か国首脳会議。G8(ジーエイト)
最高責任者どうしによる会談トップ会談。「環境―」
1当初、米国・英国・フランス・ドイツ・イタリア・日本の6か国の首脳(G6)による会議であったが、翌年、カナダが加わってG7となり、1977年からEC現在EU)委員長が参加するようになった。1991年にソ連(現ロシア連邦)のゴルバチョフ大統領とサミットの枠外会合がもたれ、1997年にはロシア連邦が正式参加国となった(G8)。また、かつては「先進国首脳会議」「先進7か国首脳会議」「主要先進国首脳会議」などと呼ばれていた。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2014の解説

第1回はジスカールデスタン仏大統領の提唱で、1975年にパリ郊外ランブイエで開かれた。当初は米、英、仏、西独、イタリアに日本を加えた6カ国であったが、第2回からカナダ、第3回からEC委員会、97年以降ロシアも参加するようになった。第1回は石油危機後の世界経済の安定課題であったように、初期には経済政策協調が中心的な議題であった。ソ連の崩壊後はロシアを交えて「政治サミット」の性格が強まり、地域紛争問題も大きな比重を占めるようになった。しかし国連に代わる大国の首脳外交には批判があり、年1回の限られた時間では緊急事態対応できないという限界指摘される。2002年のサミットでは、ロシアが正式に対等立場で参加を認められ、06年のサンクトペテルブルク・サミットでは初めて議長国を務めた。なお、米、英、仏、独、イタリア、日本、カナダにロシアを加えた8カ国をG8と呼ぶ。
( 石見徹 東京大学教授 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サミット【summit meeting】 

主要先進国首脳会議。1973年の第4次中東戦争に際して,アラブ石油輸出国機構(OAPEC)はアメリカイスラエルへの武器援助対抗して,石油輸出禁止,石油産出削減価格値上げなどの石油戦略をとった。この石油戦略が先進諸国に及ぼした影響は大きく,従来の先進国支配型の経済秩序をくつがえしてしまった。石油ショックからの立直しと,インフレ克服当面の経済不況からの回復という緊急課題のもとで,フランスのジスカール・デスタン大統領の提唱で,毎年1回,先進国の首脳が一堂に会して,当面の課題についての自由意見交換を行うことになった。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

75年に第1次石油危機を受けてパリ郊外のランブイエ城に日、米、英、仏、旧西独、伊の先進6カ国の首脳が集まり、第1回開催。その後、世界経済や国際問題などを議論するため、毎年続いている。第2回にカナダが、第3回に現在の欧州連合が加わり、近年はロシアも参加。開催地は参加国が持ち回り、06年はロシアで、07年はドイツで、08年は日本で開催。日本では5回目となる。79年、86年、93年は東京で開き、00年は沖縄県、宮崎県、福岡県で分けて開いた。会議ではまず外相会合、蔵相会合があり、その後、首脳会合がある。
( 2006-05-10 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サミット【summit
 
〔山頂の意〕
主要国首脳会議。1975年以降毎年一回開催される国際会議。英・米・日・仏・独・伊・カナダ・ロシアとEUが参加する。開催地の地名を冠した会議名で呼ばれる。
転じて,団体・組織の責任者たちによる会議。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

正式社名「サミット株式会社」。英文社名「SUMMIT, INC.」。小売業。昭和38年(1963)「株式会社京浜商会設立。同42年(1967)「株式会社サミットストア」に改称。同63年(1988)現在の社名に変更本社東京都杉並区永福住友商事子会社スーパーマーケット。東京・世田谷区と杉並区中心に首都圏で店舗展開書店ドラッグストア運営も手がける。


(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

サミット
 
アメリカのクライスラーイーグルブランドで1898年から1996年まで製造販売していた乗用車。4ドアセダンと2ドアクーペ、およびステーションワゴン。三菱自動車ミラージュとRVRのOEM車。
最終更新日:2011/06/22

サミット
 
青森県南部町で生産されるサクランボ晩生。果実は大粒で、果皮は紫黒色果肉は赤い。肉質は硬く日持ちがよい。
最終更新日:2012/11/30

サミット
 
サミット株式会社が展開するスーパーマーケットのチェーン。主な出店地域関東地方。1963年、1号店オープン
最終更新日:2012/05/16


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サミット
Summit

アメリカ合衆国ニュージャージー州北東部のニューアークに隣接した住宅都市。 1710年創設トルコの丘と呼ばれた。 1837年に現呼称となる。鉄道駅ができて,急速拡張した。人口1万 9757 (1990) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

主要国首脳会議 」のページをご覧ください。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サミット

主要国首脳会議の通称。サミットは〈頂上〉の意で首脳会議,頂上会談を表す。1975年フランスのランブイエで,石油危機からの立直しと,当面する世界経済の重要な諸問題を討議し協調を図るため,第1回会議が開かれた。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のサミットの言及

【首脳会談】より
…1955年7月のジュネーブでの4大国首脳会談は,最初の顕著な例であるが,日米間でも日本側が首相の交替するごとにワシントンでの首脳会談が恒例化している。日本の首相が参加する首脳会談として,制度化しつつある重要なものに,西側先進工業国家8ヵ国(ECを含む)から成る先進国首脳会議(サミット)がある。サミットは75年,フランスのランブイエで開催されて以来,毎年開かれており,先進工業国家に共通する高度な経済問題が討議されるのが通例である。…
※「サミット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サミットに近い言葉→太平洋島サミット|太平洋・島サミット|環境・開発サミット|地球サミット|EUサミット|OBサミット|気候変動サミット|先住民族サミット|G8認知症サミット|国連気候変動サミット

サミットの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「サミット」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月29日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ