Yahoo!辞書

kotobank > ネオ・ダーウィニズムとは

 

ネオ・ダーウィニズム 【ネオダーウィニズム】

  • 1件の用語解説(ネオ・ダーウィニズムで検索)

百科事典マイペディアの解説

ネオ・ダーウィニズム 【ネオダーウィニズム】

ダーウィン主義とも。ダーウィンの進化論をメンデル以後遺伝学の成果をもとにして単純化したもので,進化における自然淘汰の万能を主張。A.ワイスマン提唱。彼は生物の体を生殖質と体質とに分け,生殖質の変異のみが遺伝的であり,体質の変化は生殖質に及ばないとして,獲得形質の遺伝否定した。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のネオ・ダーウィニズムの言及

【進化論】より
…ラマルク説,定向進化説,隔離説などである。19世紀末年に近づくころより,A.ワイスマンによるネオ・ダーウィニズムが普及し,自然淘汰の万能が主張されたが,それは生殖による遺伝質の混合を淘汰の素材であるとし,遺伝質そのものは不変的であるとするものであった。そして前世紀末よりの遺伝学の発展も,生物の性質の不変性の面を強く印象づけ,そのため20世紀初年には進化の不可知論的時代とよばれる様相もあらわれた。…
【生物学】より
…これについては過去1世紀,ダーウィンを源流とする理論が支配的であった。《種の起原》におけるダーウィン説は,遺伝の理論などが不明であっただけに,かえって幅の広い含みをもっていたが,20世紀に入ってからは,突然変異や集団遺伝学(R.A.フィッシャー《自然淘汰の数学的理論》1930)によって整理,補強されたネオ・ダーウィニズム,すなわち総合学説が主流を占め続けた。分子生物学の時代になって,タンパク質のアミノ酸配列および核酸のヌクレオチド配列を比較するいわゆる分子進化の研究も在来のデータを補って,点突然変異・淘汰の理論をいっそう補強した。…
【ダーウィニズム】より
…ダーウィンは進化を緩やかで連続的なものと見ており,そうした漸進的進化観をさすのである。 ところで1870年代よりA.ワイスマンは遺伝についてのダーウィンの見解を修正して獲得形質の遺伝を絶対的に否定し,その観念をもとに自然淘汰説を一本化したネオ・ダーウィニズムneo‐Darwinism(新ダーウィン説)を唱えた。かれにより〈自然淘汰の万能〉の語も用いられた。…
※「ネオ・ダーウィニズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネオ・ダーウィニズムに近い言葉→ネオダーウィニズム|ダーウィニズム|ダーウィン|ネオ・エクスプレショニズム|ダーウィンレア|ダーウィンの法則|ダーウィンフィンチ|柔軟性メカニズム|京都メカニズム|資金メカニズム

ネオ・ダーウィニズムの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ネオ・ダーウィニズム」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ