Yahoo!辞書

kotobank > ラジカルとは

 

ラジカル 【ラジカル】

  • 4件の用語解説(ラジカルで検索)

大辞林 第三版の解説

ラジカル【radical
 
( 形動 )
過激なさま。極端なさま。
改革や変化を急激に進めようとするさま。急進的。
根源的であるさま。
( 名 )


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラジカル
radical

数学用語で,根基のこと。において ababab とおいて乗法ab)→ab定義したとき,この乗法に関する逆元を準逆元といい,準逆元をもつ元を準可逆元という。任意の環において準可逆元だけからなるイデアルのうち最大のものが存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラジカル 【radical
 
《「ラディカル」とも》
[名]化学で、遊離基(ゆうりき)フリーラジカル。また、基(き)
[形動]
過激なさま。極端なさま。急進的なさま。「―な考え」「―な意見
根本的。根源的。「―な原理

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ラジカル
 
 →遊離基


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラジカルの言及

【化学反応】より
…たとえば反応, HCl+KOH―→KCl+H2Oでは,次の一連の変化, HCl―→H+Cl,KOH―→K+OH, H+OH―→H2Oが起こっており,HClは酸,KOHが塩基で,この型の反応を中和反応という。 無機化合物ではイオンの関与する反応が多いが,有機化合物ではイオン反応もラジカル反応も起こる。これは反応に関与する化学結合の開裂のしかたによるもので,化学結合をつくる電子対が一方によって開裂する場合(ホモリシス)はイオン反応となり,電子対が一つずつの電子に分かれ開裂する場合(ヘテロリシス)はラジカル反応となる。…
【遊離基】より
…フリーラジカルfree radicalまたは略してラジカルradicalともいう。通常の分子は偶数個の電子をもち,これらが対をつくっているが,遊離基には全体として奇数個の電子が含まれ,対になっていない電子(不対電子。…
※「ラジカル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラジカルに近い言葉→ラジカル反応|ラジカルエコロジー|ジラジカル|ラジカル重合|水酸ラジカル|ポリラジカル|フリーラジカル|ラジカル開始剤|ミュージカル・トラジディ|ラジカル写真材料

ラジカルの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ラジカル」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ