Yahoo!辞書

kotobank > リーマン・ショックとは

 

リーマン・ショック 【りーまんしょっく】

  • 2件の用語解説(リーマン・ショックで検索)

知恵蔵2014の解説

国際的な金融危機の引き金となったリーマン・ブラザーズ経営破綻(はたん)とその後の株価暴落などを指す。リーマンは米国第4位の投資銀行だが、サブプライム問題などで経営がゆきづまり、2008年9月15日、米連邦破産法11条の適用を申請破綻した。信用度の低い人を対象とした高金利の住宅担保貸付け、サブプライム・ローンを証券化した商品大量に抱え込んだため、住宅バブル崩壊損失が膨らんだ。リーマンの破綻後、対米の大手金融機関連鎖的に経営危機に陥るなど、金融不安深刻化する。金融市場のマヒを防ぐため、各国政府相次いで税金を投じて銀行に資本注入や損失保証を行い「金融機関の公的管理」に踏み切ったが、危機は実体経済波及。日米欧は軒並みマイナス成長に陥り、デフレ懸念も広がっている。そうしたなか、主要な20カ国・地域経済金融政策を協議するG20サミットなど、金融危機と同時不況連携して歯止めをかけるための模索も始まっている。

( 北健一 ジャーナリスト )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2009」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

証券4位のリーマン・ブラザーズが08年9月15日に米連邦破産法の適用を申請。前夜まで続いた身売り交渉頓挫、政府も救済しなかった。金融機関同士がお互いを信用できなくなって金融市場はマヒし、07年夏に表面化した「サブプライムローン問題」が世界的な金融危機に発展した。おカネの流れが細り、米国を中心消費投資急減世界同時不況を引き起こした。
( 2009-09-15 朝日新聞 朝刊 1経済 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーマン・ショックに近い言葉→リーマンショック|ウイークリーマンション|マンスリーマンション|リーマン幾何学|リーマン予想|サラリーマン法人化|サラリーマン金融|サラリーマン新党|サラリーマンの副業

リーマン・ショックの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「リーマン・ショック」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ