Yahoo!辞書

kotobank > 仲居とは

 

仲居 【なかい】

  • 2件の用語解説(仲居で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかい【仲居】 

古くは中居と記されることが多く,その早い用例は《明月記》後鳥羽院宇治御所記述のうちに見える。仲居は,公家門跡の住宅で主人居間(常御所,常居所)近く位置し,主人に奉仕する人たちの控室台所でつくられた料理中継配膳のための室,あるいは広く家政経理担当する部門や担当者をも意味した。室町時代内裏では中居に相当するものを御末(おすえ)と呼んでいた。また近世以降,料理屋などで客の接待をする女中を仲居というようになった。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

なか‐い 〔‐ゐ〕 【仲居】
 
旅館料亭などで客の接待をする女性
近世、幕府大奥大名屋敷などに仕える女性の詰めていた部屋。また、そこに詰めた女性。お仲居。御末(おすえ)
近世、武家商家上女中下女中との中間に使われた女性。中通りの女。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲居に近い言葉→雇仲居

仲居の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「仲居」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ