Yahoo!辞書

kotobank > 刺激とは

 

刺激 【しげき】

  • 5件の用語解説(刺激で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しげき【刺激 stimulus 

生物作用して特定反応をひきおこす要因を,一般に刺激という。ふつう,外的条件変化がそれに対応した感覚器でとらえられて刺激となるが,気温の変化のように全身的に作用する場合もある。刺激によってひきおこされる反応には,反射的におこるまばたきのように局部的な場合もあり,特定のリリーサー(または鍵刺激)によって特定の行動が解発されるときのように全身的なものもある。また一時的なものでなく,形態形成のように持続的な反応がひきおこされる場合もある。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

し‐げき 【刺激/刺×戟】
 
[名](スル)
生体に作用してなんらかの現象や反応を起こさせること。特に、知覚感覚に作用して反応を起こさせること。また、その原因となるもの。「学習意欲を―する」「都会は―が強い」
物事動き活発にさせるきっかけとして、外から作用すること。また、そのもの。「景気を―する」

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

刺激 【しげき】

一般に生体の個体器官組織細胞に何らかの反応をひき起こすような外的作用(または作用因)をいう。外的作用は感覚器にとらえられてはじめて刺激となる。あまり弱い刺激は無効で,有効・無効の限界を刺激の閾(いき)という。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺激
しげき
stimulus

生体に働いて,生体細胞の活動を誘発するような作用因をいう。外界内界の条件の変化はすべて刺激になりうるが,受止める細胞側の興奮性によって,ある程度以上の強さの刺激でないと反応を起さない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

刺激
 
 生体全体や細胞などに応答を起こさせる外的要因.


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刺激に近い言葉→刺激・刺戟|鍵刺激|刺激閾|刺激剤|ろ(濾)胞刺激ホルモン|適当刺激|適合刺激|条件刺激|刺激療法|卵胞刺激ホルモン

刺激の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「刺激」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月18日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ