Yahoo!辞書

kotobank > 割愛とは

 

割愛 【カツアイ】

  • 2件の用語解説(割愛で検索)

デジタル大辞泉の解説

かつ‐あい 【割愛】
 
[名](スル)
惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。「紙数の都合で―した作品も多い」
公務員が、他の自治体民間企業などへ籍を移すこと。また、大学職員が、他大学へ籍を移すこと。手続きの形式上、移籍先が「人材を割愛してほしい」と申請することから。「―願い」「―申請書」
愛着の気持ちを断ち切ること。恩愛煩悩(ぼんのう)を捨て去ること。「―出家沙門、何ぞ世財をあらそはん」〈沙石集・九〉
1について、文化庁発表した平成23年度国語に関する世論調査」では、本来意味である「惜しいと思うものを手放す」で使う人が17.6パーセント、間違った意味「不必要なものを切り捨てる」で使う人が65.1パーセントという逆転した結果が出ている。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かつあい【割愛】
 
( 名 ) スル
惜しいと思いながら,捨てたり省略したりすること。 「各論は-する」
公務員が,一定の手続きによって他の自治体や大学・民間企業などへ身分を移すこと。 「 -願い」
愛着の気持ちを断ち切ること。 「佇立多時の後,遂に-して林間の路に入れば/日光山の奥 花袋」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割愛の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「割愛」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ