Yahoo!辞書

kotobank > 北の富士勝昭とは

 

北の富士勝昭 【きたのふじかつあき】

  • 2件の用語解説(北の富士勝昭で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北の富士勝昭 きたのふじ-かつあき
 
1942- 昭和時代後期力士
昭和17年3月28日生まれ。昭和32年出羽海部屋入門十両全勝優勝し,39年入幕。42年千代の山の九重部屋にうつり,45年玉の海と同時に横綱昇進(52代)。「現代っ子横綱」といわれた。49年引退。優勝10回。九重を襲名し,千代の富士,北勝海の2横綱をそだてた。平成4年九重部屋を千代の富士にゆずり,陣幕に名跡変更。10年日本相撲協会を退職,解説者となる。北海道出身本名竹沢勝昭。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたのふじ‐かつあき 【北の富士勝昭】
 
[1942~ ]力士。第52代横綱。北海道出身。本名、竹沢勝昭。昭和45年(1970)玉の海とともに横綱に昇進。優勝10回。引退後、年寄九重(ここのえ)を襲名し、千代の富士北勝海(ほくとうみ)の二横綱を育てた。→第51代横綱玉の海 →第53代横綱琴桜(ことざくら)

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北の富士勝昭に近い言葉→雪解の富士|松嶺の富士|千代の富士物語|千代の富士貢|宿屋の富|陶朱猗頓の富|《高津の富》|《学問の富》|《ロシアの富》|《諸国民の富》

北の富士勝昭の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「北の富士勝昭」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ