Yahoo!辞書

kotobank > 千代の富士貢とは

 

千代の富士貢 【ちよのふじみつぐ】

  • 4件の用語解説(千代の富士貢で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代の富士貢 ちよのふじ-みつぐ
 
1955- 昭和後期-平成時代力士
昭和30年6月1日生まれ。昭和45年九重部屋入門。50年入幕ウルフとよばれ,右まわしをひきつけての速攻相撲昇進し,56年58代横綱となる。63年53連勝を記録。平成3年引退通算1045勝は史上最多優勝31回は大鵬(たいほう)の32回につぐ。4年九重部屋をつぐ。平成元年国民栄誉賞受賞。20年日本相撲協会理事。北海道出身本名秋元貢。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちよのふじ‐みつぐ 【千代の富士貢】
 
[1955~ ]力士。第58代横綱。北海道出身。本名、秋元貢。愛称はウルフ。通算1045勝、幕内通算807勝を記録するなどして一時代を築いた。優勝31回。平成元年(1989)国民栄誉賞受賞。引退後、年寄陣幕を襲名。のちに当時の九重親方年寄名跡を交換し、年寄九重を継承。→第57代横綱三重ノ海 →第59代横綱隆の里

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千代の富士貢
ちよのふじみつぐ

[生]1955.6.1. 北海道福島町
第 58代横綱。本名秋元貢。同郷の横綱千代の山の九重親方にスカウトされて入門。 1970年9月初土俵。持病ともいうべき肩の脱臼に悩まされ,十両と幕内を往復していたが,ウエイトトレーニングによる筋肉づくりでそれを克服

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千代の富士貢 【ちよのふじみつぐ】

力士。第58代横綱。北海道松前郡生れ。本名秋本貢。九重部屋。1970年9月初土俵,1975年9月入幕。何度も肩を脱臼(だっきゅう)して,幕内から幕下まで陥落したが,筋力トレーニングで克服し,1981年9月横綱に昇進。 (1955-)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

千代の富士貢に近い言葉→千代の富士物語|千代の春|雪解の富士|北海道釧路市千代ノ浦|松嶺の富士|千代の梅|千代の珠|千代の花|千代の松|千代の園

千代の富士貢の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「千代の富士貢」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月18日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ