Yahoo!辞書

kotobank > 半翅類とは

 

半翅類 【はんしるい】

  • 3件の用語解説(半翅類で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はんしるい【半翅類】 

昆虫綱半翅目Hemipteraに属する節足動物総称。翅の質から同翅類Homopteraと異翅類Heteropteraとに分けられる。同翅類は翅が一様に同質膜質であるのに対し,異翅類は翅の基部革質で厚く,先端部は膜質的である。多くの異翅半翅類と一部の同翅半翅類の前翅は,革質化した基部と膜質の先端部とよりなっているところから半翅鞘(しよう)と呼ばれる。これが半翅類の名の由来である。学名英名のhalf‐wingedもまったく同じ意味である。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

半翅類 【はんしるい】

昆虫綱の1目。カメムシ目とも。吸収に適した有節の口吻(こうふん)をもち,翅は普通2対。不完全変態。翅全体が膜状の同翅(ヨコバイ)亜目,基部が硬化して革質になった異翅(カメムシ)亜目に大別前者にはセミ,ウンカ,アブラムシ(アリマキ),カイガラムシ,後者にはカメムシ,アメンボ,タガメなどが含まれる。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

インタレストマッチ - 広告の掲載について

デジタル大辞泉の解説

はんし‐るい 【半×翅類】
 
半翅目の昆虫の総称。口は管状の吻(ふん)となり、動植物の汁を吸う。ふつう二対の翅(はね)をもち、前後翅とも膜質の同翅類と、前翅の基部半分が堅い革質の異翅類とに大別される。セミヨコバイや、カメムシトコジラミなど。有吻類。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半翅類に近い言葉→革翅類|隠翅類|総翅類|等翅類|有翅類|外翅類|同翅類|内翅類|鱗翅類

半翅類の関連情報

ショッピング検索

「半翅類」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ