Yahoo!辞書

kotobank > 友引とは

 

友引 【ともびき】

  • 7件の用語解説(友引で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ともびき【友引】 

六曜の一つで,友引にあたる日は午前中・夕刻・夜は吉だが,昼は凶とされる。友を引くという名称から,文字に則して縁起を担ぎ,この日に葬儀を行うことを忌む。六曜は,先勝,友引,先負仏滅大安赤口の6星を,順番どおり,旧暦各月朔日配当するもので,友引は先勝と先負の間にあって,〈相友引きとて勝負なし〉という意味だとされている。葬儀を忌む風習は,江戸時代末期に六曜の考え方浸透して以後生まれたらしい。六曜は室町時代初期中国から伝わった時刻占いであり,小六壬と呼ばれていたが,友引は当時は留連(りゆうれん)という名称であった。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結婚式・ブライダル用語集の解説

六輝の一つ。「物事勝敗無し」という意味朝晩は吉、昼は凶と云われています。元は「共引」と書いて何事も勝敗のつかない日とされていましたが、時代変化と共に「友引」となりました。文字の連想からこの日に「友を引く」という意味で、結婚式には適しています。しかし一方で、葬式法事を行うと「誰かあの世へ引かれてしまう」という迷信が生まれた為、火葬場などはお休みです。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ともびき【友引】
 
陰陽道(おんようどう)で,凶禍が友人に及ぶとする方角。友引方。
六曜の一。何をしても勝負がつかないとする日。朝晩は吉,昼は凶だが,のち,① と混同されこの日に葬式を出すことを忌むようになった。友引日(にち)。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

友引 【ともびき】

六曜の一つ。陰陽家では相引で,勝負のない日とする。後世,この日に葬式を出すと友を引くとして忌む。旧暦1・7月の2,8,14,20,26日,2・8月の1,7,13,19,25日,3・9月の6,12,18,24,晦日,4・10月の5,11,17,23,29日,5・11月の4,10,16,22,28日,6・12月の3,9,15,21,27日。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友引
ともびき

友引日の略。六曜の一つ。中国の留連にあたる。日本の陰陽家が名づけた日で,この日には何をしても勝負がつかないとされている。朝夕はよし,正午悪しとされる。江戸時代末期頃からその字面によって,その日に葬式をするのは忌まれることになり,その迷信が現在でも火葬場の休業日などに残存している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典の解説

中国の暦法の六曜のひとつ。本来の意味は、「勝負がつかない」ですが、日本では、「友を引く」という言葉のため、この日に葬儀を行うことを嫌います。


Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

デジタル大辞泉の解説

とも‐びき 【友引】
 
暦注六曜の一。なにごとをしても勝ち負けがないといわれる日。この日に葬式を出すと、他人の死をさそうといって嫌う。友引日。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の友引の言及

【厄】より
…時間の次元では厄日,厄月,厄年があり,空間的には厄の生ずるという場所があるが,厄をもたらすという神も考えられており,それらを避けるための呪的方法が多く生み出されている。 厄日には暦にもとづく陰陽道によるものが多く,外出を忌む坎日(かんにち),葬式を忌む友引(ともびき),家屋の建築や旅立ちを忌む三隣亡(さんりんぼう),種まきや植樹を忌む不熟日(ふじゆくにち)・地火(じか)の日などがよく知られているが,二百十日とか二百二十日を厄日とする所も多い。また,新潟県西頸城郡のように旧暦2月9日を厄日といって,山の神が山を回る日だからそこへ入るとけがをするというように,全国的に山の神の日を厄日としている。…
【六曜】より
…暦注の一種で,日の吉凶をみるのに使われる。六曜星の略で,六輝ともいい,先勝(せんしよう∥せんかち),友引(ともびき),先負(せんぶ∥せんまけ),仏滅(ぶつめつ),大安(たいあん),赤口(しやつく∥しやつこう)の6星を,順番どおり旧暦各月の朔日に配当し,正月・7月は先勝,2月・8月は友引,3月・9月は先負,4月・10月は仏滅,5月・11月は大安,6月・12月は赤口として,2日以下は六曜の順序に従って機械的に充当する。起源は,中国唐代の暦算学者,李淳風の《六壬時課(ろくじんじか)》とされ,日本には室町時代初期ごろに伝わり,小六壬(しようろくじん)といわれ,大安,留連(りゆうれん),速喜(そくき),赤口,将吉,空亡(くうぼう)の六つで時刻の占いであった。…
※「友引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

友引の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「友引」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月20日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ