Yahoo!辞書

kotobank > 否定とは

 

否定 【ヒテイ】

  • 3件の用語解説(否定で検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐てい 【否定】
 
[名](スル)
そうではないと打ち消すこと。また、非として認めないこと。「うわさを―する」「暴力を―する」⇔肯定
論理学で、ある命題主語述語関係成立しないこと。また、その関係を承認しないこと。⇔肯定
ヘーゲル弁証法で、発展契機の一。→否定の否定
文法で、打ち消し語法のこと。
論理演算の一。入力出力を逆にする演算のこと。入力が「真」または「1」ならば出力は「偽」または「0」となり、入力が「偽」または「0」ならば、出力は「真」または「1」となる。NOT(ノット)コンピューターでこのような演算を行う論理回路においては、電流が流れる場合を「真」、流れない場合を「偽」と対応させ、NOT回路などと呼ぶ。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

論理演算のひとつ。値が真なら1、偽なら0とし、入力した値が0なら1、1なら0という具合に逆の値を出力する。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

大辞林 第三版の解説

ひてい【否定】
 
( 名 ) スル
そうでないと打ち消すこと。いつわりであるとすること。 「うわさを-する」 「献金の事実を-する」
〘論〙 提示された命題を偽であるとすること。また,弁証法においては,否定はあらゆる発展にみられる媒介とされる。
命題「 p である」に対して命題「 p でない」をもとの命題の否定という。
打ち消し 」に同じ。
▽↔ 肯定 〔西周(にしあまね)「学原稿本」(1869年)で英語 negation の訳語とした〕


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

否定に近い言葉→否定の否定|否定的|全否定|自己否定|否定判断|二重否定|否定論理和|否定論理積|否定的概念|否定道

否定の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「否定」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月18日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ