Yahoo!辞書

kotobank > 和歌とは

 

和歌 【わか】

  • 5件の用語解説(和歌で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わか【和歌】 

〈からうた〉(中国の詩)に対する〈やまとうた〉(日本の歌)の意であり,〈倭歌〉と書くこともあった。実際にその指すところは短歌であることがほとんどであるが,長歌旋頭歌,片歌などの伝統的定型詩をも含めて和歌と呼んでいる。ただし歌謡連歌俳諧俳句近代詩は和歌に含めることはなく,また,近代以後の短歌も和歌と呼ぶことは少ない。以上が,現在一般的に用いられている意味での〈和歌〉の定義である。しかし細かく言えば,時代的にその意味するところは移ってきている。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

わ‐か 【和歌/×倭歌】
 
漢詩に対して、上代から行われた日本固有詩歌五音と七音を基調とする長歌短歌旋頭歌(せどうか)片歌(かたうた)などの総称平安時代以降は主に短歌をさすようになった。やまとうた。
万葉集題詞にみえる「和(こた)ふる歌」から》答えの歌。返し歌。
(ふつう「ワカ」と書く)能で、舞の直後または直前にある謡い物。詞章は短歌形式基本とする。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和歌
わか

日本で最も古くから行われている詩歌形態。「倭歌」とも書く。「やまとうた」と訓読することもあり,「大和歌」と書くこともある。『万葉集』の題詞で「和歌」と表記した場合の「和」は「唱和」の意に用いられているが,のちには「倭歌」「和歌」のいずれを書いても,漢詩に対する日本の歌を意味するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和歌 わか
 
?-? 平安時代後期女性
京極宗輔の娘。「平家物語」「源平盛衰記」には,鳥羽上皇のとき島千歳(しまの-せんざい)とともに白拍子をはじめたとあり,遊女としての白拍子の起源と考えられている。箏(そう)の名手で,男子装束を身につけていたので若御前と称されたという。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

和歌 【わか】

和歌は,漢詩すなわち〈からうた〉に対する日本の歌つまり〈やまとうた〉の意。〈倭歌〉とも書いた。記紀歌謡にうかがわれる,リズム旋律をもち,舞踊所作をともなった歌謡に発したものとされ,《万葉集》の開花をみた。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の和歌の言及

【短歌】より
…ここでの〈敷島〉は〈敷島の大和〉の意味で,古くからの日本の道といった意味での呼称である。また,〈和歌〉あるいは,ただ単に〈うた〉と呼ばれることもある。短歌は,長歌旋頭歌(せどうか)などとともに和歌の歌体の一つであったが,他が時代とともにすたれていったのに対して,短歌だけが持続的に支持を得てきた。…
【文語体】より
…文語体は,さらに多くの種類にわかれる。和文,和歌の文,宣命(せんみよう)体,漢文訓読文,和漢混淆(こんこう)文,変体漢文,普通文など。これらのうち,和文以下変体漢文までは,平安時代にすでにその形が整っており,以後現代にまで引き続き行われたものである。…
【やまと絵】より
…その文献的な研究によれば,〈倭絵〉は〈唐絵〉とともに大画面の障屛(しようへい)画形式の絵画に対して用いられ,両者は画題上の区別であり,様式的な差異を意味するものではなかったことが指摘されている。唐絵が中国の故事・風俗を屛風・障子に描いたのに対し,やまと絵は日本の題材を描いた屛風・障子絵であり,しかも成立当初から,当時の和歌愛好の気運と深く結びついていた。四季の自然や人事,各地の名所などを歌った和歌の興趣深い情景を絵画的イメージとして画面に定着させるとともに,画題となった和歌を,色紙形に能筆の手で書き添えることで,歌と絵と書の3者を一体として鑑賞する方式を生み出したのである(歌絵)。…
※「和歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和歌に近い言葉→和歌山県和歌山市和歌町|和歌山県和歌山市和歌浦中|和歌山県和歌山市新和歌浦|和歌山県和歌山市和歌浦西|和歌山県和歌山市和歌浦南|和歌山県和歌山市和歌川町|和歌山県和歌山市和歌浦東|和歌山県和歌山市西|和歌山県和歌山市北|和歌山県和歌山市粟

和歌の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「和歌」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ