Yahoo!辞書

kotobank > 変化とは

 

変化 【ヘンゲ】

  • 5件の用語解説(変化で検索)

デジタル大辞泉の解説

へん‐げ 【変化】
 
[名](スル)
神仏などが本来の形を変えて種々の姿を現すこと。また、その現れたもの。権化(ごんげ)
動物などが姿を変えて現れること。また、そのもの。化け物。「妖怪(ようかい)―」
人がその姿・形を次々に変えること。「七―」

へん‐か 〔‐クワ〕 【変化】
 
[名](スル)
ある状態性質などが他の状態や性質に変わること。「時代の―についていけない」「―に富む生活」「気温急激に―する」
文法で、単語語形人称・数・格などに応じて変わること。「動詞語尾が―する」

へ‐げ 【変化】
 
「へんげ」の撥音の無表記。「我子の仏、―の人と申しながら」〈竹取

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

へんか【変化】
 
( 名 ) スル
ある物事がそれまでとは違う状態・性質になること。変わること。 「温度が-する」 「表情の-を読み取る」 「 -のない生活」 「 -に富む景色」
文法で,同一の語が,文中の他の語との関係や用法に応じて語形を変えること。日本語の用言・助動詞の活用,ヨーロッパ諸語の動詞の人称変化,名詞の格変化の類。


へんげ【変化】
 
( 名 ) スル
霊魂や動物などが姿を変えて現れること。化けて出ること。また,その現れたもの。 「妖怪-」
神仏が衆生を救うため,人などの姿をとって現れること。また,その現れたもの。権化(ごんげ)。化身(けしん)。

インタレストマッチ - 広告の掲載について


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

世界大百科事典内の変化の言及

【時間】より
…世界におけるすべての変化および無変化において保持されている何ものかを時間と呼ぶ。一面から言えば,時間はまた人間と外の世界との接点に現れるものでもある。…
【化物】より
…妖怪変化(へんげ)などの怪異なものや,その出現によって引き起こされる怪異現象。江馬務は,〈妖怪は得体の知れないふしぎなもの,変化はあるものが外観的にその正体をかえたもの〉としているが,両者を明確に分けることはできない。…
※「変化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

変化に近い言葉→七変化|抵抗変化メモリー|日変化|変化身|変化物|変化球|化学変化|物理変化|変化記号|語形変化

変化の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「変化」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月25日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ