Yahoo!辞書

kotobank > 大悟法利雄とは

 

大悟法利雄 【だいごぼうとしお】

  • 1件の用語解説(大悟法利雄で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大悟法利雄 だいごぼう-としお
 
1898-1990 大正-昭和時代歌人
明治31年12月23日生まれ。大正7年若山牧水の「創作」にはいる。のち改造社で大橋松平と「新万葉集」「短歌研究」を編集昭和21年「新道」を創刊,復刊「創作」と合流し,選者となった。平成2年11月26日死去。91歳。大分県出身中津中学卒。歌集に「伊豆」,研究書に「若山牧水伝」など。
格言など】物はまだ豊かなるなり食ふ物も着るものもすべて偏れるのみ(「翼」)

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大悟法利雄に近い言葉→大分県中津市大悟法|大悟徹底|仁悟法親王|《大悟物狂》|大疑は大悟の基|舛田利雄|八住利雄|大悟|黒川利雄|辻村利雄

大悟法利雄の関連情報

ショッピング検索

「大悟法利雄」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ