Yahoo!辞書

kotobank > 客人とは

 

客人 【まれびと】

  • 3件の用語解説(客人で検索)

百科事典マイペディアの解説

客人 【まれびと】

まろうど語源は稀(まれ)人で,遠方から稀に訪れる神聖旅人の意。古い時代には客人を仮装した神とみなして歓待し,女性一夜妻として奉仕する習慣もあった。神は海や空のかなたから季節的に来臨するという古代信仰えびす,年神,寄神(よりがみ)),大和朝の皇子遠征物語弘法大師をはじめとする遊行僧の伝説などは神聖な客人の思想を伝えている。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

きゃく‐じん 【客人】
 
客として来ている人。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きゃくじん【客人】
 
客として来ている人。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

客人に近い言葉→客人権現|客神∥客人神|客神|

客人の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「客人」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ