Yahoo!辞書

kotobank > 常体とは

 

常体 【ジョウタイ】

  • 4件の用語解説(常体で検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐たい 〔ジヤウ‐〕 【常体】
 
普通の状態にあるからだ。「寝ていれば、殆ど―に近い。ただ枕を離れると、ふらふらする」〈漱石三四郎
文末に「だ」「である」を用いた口語文体。⇔敬体

つね‐てい 【常体】
 
普通のありさま。また、普通の程度。「人より遅く仕廻(しまひ)、早く出るその働き―の事にあらず」〈浮・新永代蔵〉

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つねてい【常体】
 
平常のさま。ふだんの姿。 「人の目に附くを憚つて,-に改めてゐたのであらうか/伊沢蘭軒 鷗外」
程度がなみであること。尋常。普通。 「 -の者の子が,七つや八つでかう有うか/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡 中」


じょうたい【常体】
 
口語文体の一。敬語を用いず,文末に「だ」「である」などを用いる普通の文章様式。 ↔ 敬体


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常体の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「常体」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ