Yahoo!辞書

kotobank > 張仲景とは

 

張仲景 【ちょうちゅうけい】

  • 3件の用語解説(張仲景で検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張仲景
ちょうちゅうけい
Zhang Zhong-jing; Chang Ch`ung-ching

中国,後漢の医者。名は機。献帝の建安年間 (196~221) に長沙の太守となった。その頃一族熱病多発し,その観察診療経験から,発汗嘔吐瀉下を対策の基本とする『傷寒論』 (16巻) を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうちゅうけい【張仲景】
 
中国,後漢の医家。「傷寒雑病論」(後に「傷寒論」と「金匱要略」として伝わる)を著したといわれる。生没年未詳。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

張仲景 【ちょうちゅうけい】

中国,後漢時代の医者。名は機。仲景は字。南陽の人。長沙の大守となる。一族200人の過半数傷寒急性熱病)で死んだのでその治療法を研究し,《傷寒論》を編したといわれる。 (140ころ-210ころ)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の張仲景の言及

【傷寒論】より
…中国,漢末の200年ころに張仲景が撰したとされている中国の臨床医学の古典。張仲景は長沙の太守であったとよくいわれるが,この説には根拠はなく,むしろ伝説的な名医で,もっとも古いものとしては《三国志》の注にその名がみられる。…
※「張仲景」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

張仲景の関連情報

ショッピング検索

「張仲景」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ