Yahoo!辞書

kotobank > 新藤兼人とは

 

新藤兼人 【しんどうかねと】

  • 5件の用語解説(新藤兼人で検索)

知恵蔵2014の解説

映画監督、脚本家。1912年4月22日生まれ、2012年5月29日老衰のため死去。広島県石内村(現・広島市佐伯区)出身。本名は新藤兼登(かねと)。
少年時代から活動写真に傾倒し、1934年、京都へ出て「新興キネマ」の現像部で働き始める。後に美術部に移り、美術デザインを担当する傍ら、シナリオを書き始め、溝口健二監督に師事。その初期に溝口監督に「これは脚本ではない」と一蹴されて奮起し、劇作集を読みあさり勉強を重ねた。次第に脚本が認められるようになる中、44年、所属していた興亜映画が松竹大船撮影所に吸収され、脚本部に移籍。しかし、同年、4月に召集され、呉海兵隊に二等水兵として入隊。召集仲間100人のうち、94人が戦死するという戦争体験を経て、終戦を宝塚海軍航空隊で迎えた。終戦後、吉村公三郎監督と組んだ「安城家の舞踏会」、「我が生涯のかゞやける日」などで脚本家としての定評を得る。
多くの脚本を手がけるが、興業的成功に重きを置く経営陣から「社会性が強く暗い」といったクレームを受け、「作りたい映画をつくる」という信念から、50年、松竹を退社。吉村公三郎、殿山泰司らと独立プロダクション近代映画協会」を設立した。
51年、39歳の時、「愛妻物語」で念願の監督デビューを果たす。苦しい時代を支えた亡き内縁の妻を描いた自伝的内容の作品で、この作品に主演した乙羽信子が、後に妻となる。
52年に発表した原子爆弾を取り上げた映画「原爆の子」は、翌年のカンヌ国際映画祭出品されて大反響を呼び、チェコスロバキア国際映画祭平和賞、ブリッティシュフィルムアカデミー国連賞、ポーランドジャーナリスト協会名誉賞など多くの賞を受賞。後に放射能汚染題材にした「第五福竜丸」や原爆で全滅した移動劇団を描いた「さくら隊散る」なども手がけている。60年には、瀬戸内海を舞台にしたせりふのない作品「裸の島」を発表し、モスクワ映画祭グランプリを獲得。少人数の役者やスタッフで、短期間かつ低予算で作り上げられたこの映画の制作手法は、日本のインディペンデント映画に多大な影響を与えた。
その後も「鬼婆」、「本能」といった独創的で実験的精神を持った作品、「裸の十九歳」や「絞殺」など社会と人間を深く見つめた作品を多々手がけ、乙羽信子の遺作となった“老い”を扱った「午後の遺言状」は、日本アカデミー最優秀作品賞を始め多くの映画賞を受賞。
一方、脚本家としても、「けんかえれじい」、「ハチ公物語」、「完全なる飼育」始め、230本を超える作品を手がけた。
最後の監督作品となった2011年の「一枚のハガキ」も、第23回東京国際映画祭審査員特別賞を受賞。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第1位などの高評価も得ている。1997年に文化功労者に選ばれ、2002年には文化勲章授与された。
( 菘(すずな)あつこ  フリーランス・ライター )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2012」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新藤兼人 しんどう-かねと
 
1912-2012 昭和-平成時代の映画監督,脚本家。
明治45年4月22日生まれ。新興キネマにはいり,シナリオをまなぶ。戦後,松竹吉村公三郎監督の「安城家の舞踏会」などをかく。昭和25年吉村とともに近代映画協会を設立,26年「愛妻物語」で監督デビュー。監督作品に「原爆の子」「裸の島」「午後の遺言状」「石内尋常高等小学校 花は散れども」など。53年乙羽信子結婚。平成9年文化功労者。14年文化勲章。22年「一枚のハガキ」で東京国際映画祭審査員特別賞。23年菊池寛賞。24年「一枚のハガキ」でブルーリボン賞監督賞,毎日映画コンクール脚本賞,日本アカデミー賞優秀監督賞。平成24年5月29日死去。100歳。広島県出身本名は兼登。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんどう‐かねと 【新藤兼人】
 
[1912~2012]映画監督・脚本家。広島の生まれ。本名、兼登(かねと)。戦後、吉村公三郎監督とのコンビで脚本家として活躍。昭和25年(1950)吉村らと独立プロダクションの先駆けとなる「近代映画協会」を設立。のち「愛妻物語」で監督デビュー。代表作「原爆の子」「裸の島」「生きたい」など。平成14年(2002)文化勲章受章

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新藤兼人
しんどうかねと

[生]1912.4.22. 広島
[没]2012.5.29. 東京,港
映画監督,脚本家。本名新藤兼登。1934年映画界に入り,新興キネマで脚本を書き始め,溝口健二監督に師事した。興和映画を経て 1944年松竹大船撮影所に転じた。同 1944年に召集され,復員後本格的に脚本家として活動

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新藤兼人 【しんどうかねと】

映画監督,脚本家。広島市生れ高等小学校卒。溝口健二監督《女性の勝利》(1946年)で脚本家としてデビュー。1950年松竹を退社し,吉村公三郎らと近代映画協会を設立。 (1912-)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の新藤兼人の言及

【けんかえれじい】より
…現代日本の映画作家として特異な位置を占める鈴木清順(1923‐ )の代表作の一つで,1966年の日活映画。鈴木隆の同名小説を原作に新藤兼人が脚本を書いた。いわゆる戦前(第2次世界大戦以前)を時代背景に,硬派中学生・南部麒六の青春遍歴がつづられる。…
【日本映画】より
…戦前にも独立プロはあったが,この戦後の独立プロ・ブームの特徴は左翼独立プロを中心とするところにあった。 これらの独立プロから山本薩夫《箱根風雲録》《真空地帯》(ともに1952),《太陽のない街》《日の果て》(ともに1954),《浮草日記》(1955),《台風騒動記》(1956),亀井文夫《母なれば女なれば》(1952),《女ひとり大地を行く》(1953),家城(いえき)巳代治《雲ながるる果てに》(1953),《ともしび》(1954),《姉妹》(1955),《こぶしの花の咲く頃》(1956),《異母兄弟》(1957),今井正《山びこ学校》(1952),《にごりえ》(1953),《ここに泉あり》(1955),《真昼の暗黒》(1956),新藤兼人《原爆の子》(1952),《女の一生》(1953),《どぶ》(1954),吉村公三郎《夜明け前》(1953),《足摺岬》(1954),五所平之助《朝の波紋》(1952),《煙突の見える場所》(1953),今泉善珠《村八分》(1953),山村聡《蟹工船》(1953),それに日教組製作の《ひろしま》(1953。関川秀雄監督)といった作品も生まれた。…
※「新藤兼人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新藤兼人に近い言葉→広島県三次市君田町藤兼|秋田県秋田市新藤田|大分県竹田市荻町新藤|宮城県遠田郡美里町新藤ケ崎|新藤五|松沢兼人|秋田県秋田市旭川新藤田西町|秋田県秋田市旭川新藤田東町|斎藤兼光|新藤五国光

新藤兼人の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「新藤兼人」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ