Yahoo!辞書

kotobank > 方立とは

 

方立 【ホウダテ】

  • 2件の用語解説(方立で検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐だて 〔ハウ‐〕 【方立】
 
門などに、扉を受けるために両側に立てる小柱または細長い板。ほこだち。
牛車(ぎっしゃ)の箱の前後の出入り口左右に設けた手形のついた木。ほこだち。
(えびら)の下の方の鏃(やじり)を差し込む箱の部分
高欄の端に突き出て反っている木。
方法をたてること。「国ノオサメカタノ―」〈和英語林集成

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほうだて【方立】
 
〔「方立」は当て字か〕
円柱や柱のない壁などに建具を取り付けるために立てる縦長の角材。柱寄(はしらよせ)。方立柱。ほおだて。
牛車の前後の入り口の左右にある柱。
箙(えびら)の下方の箱の部分。頰立。
高欄の端に突き出ている反り木。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の方立の言及

【箙】より
…しかし日記,物語類にはなお箙と記して胡籙の意に用い,また箭を盛ったものを胡籙といい,容器のみの場合に箙といったこともあるらしい。
[形状と名所]
 箭を受ける箱を方立(ほうだて)といい,方立に前板・両脇板・背板があり,背板の両端から〈はたて(羽立)〉の蔓(つる)が高く立てられ,上端に高頭(たかかしら)が作られ,はたての間に山道の形に蔓を張り,下方に箭搦(やがらみ),高頭に箭束(やたばね),はたての右に受緒(うけお)の根緒(ねお),左に懸緒(かけお)などの緒所がつけられている。方立の内には鏃(やじり)の先を受ける箭配(やくばり)の櫛形(くしがた)板や筬竹(おさたけ)を張り渡し,方立の前板に角製の蜻蛉(とんぼ)形を飾り付けてあるのが普通である。…
※「方立」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

方立に近い言葉→指方立相|方立て|彼方立てれば此方が立たぬ

方立の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「方立」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ