Yahoo!辞書

kotobank > 末広切りとは

 

末広切り 【すえひろぎり】

  • 2件の用語解説(末広切りで検索)

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

すえひろぎり 【末広切り】
 
野菜飾り切り一種で、扇の形に切ること。きゅうり・にんじん竹の子などを拍子木の形に切り一方の端を4分の1ほど残し、反対側から縦に細かい切り込みを入れる。塩を振ったり煮たりすると、扇を開いたような形に切り込みが開く。また、なすの天ぷらを作る際にもよく用いる。


(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すえひろぎり【末広切り】
 
野菜を扇子のような形に切ること。一方の端を残して他方から縦の切り込みを入れ,開く。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末広切りに近い言葉→末広がり|末広茸|新宿末広亭|末広|締め切り・締切り・閉め切り・〆切|切り子・切子・切り籠・切り篭・切籠|締切り|擦切り|末広重恭・切り餠・切餅

末広切りの関連情報

ショッピング検索

「末広切り」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月29日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ