Yahoo!辞書

kotobank > 村田実とは

 

村田実 【むらたみのる】

  • 3件の用語解説(村田実で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田実 むらた-みのる
 
1894-1937 大正-昭和時代前期映画監督
明治27年3月2日生まれ。はじめ新劇界で活躍,小山内(おさない)薫にしたがって大正9年松竹キネマにはいる。10年「路上の霊魂」を監督。のち日活で「清作の妻」「街の手品師」「灰燼(かいじん)」など,現代劇に秀作をのこした。昭和12年6月26日死去。44歳。東京出身。東京高師付属中学卒。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらた‐みのる 【村田実】
 
[1894~1937]映画監督・俳優。東京の生まれ。はじめ新劇界で活躍。小山内薫(おさないかおる)師事帰山教正(かえりやまのりまさ)映画出演したのち、小山内とともに松竹キネマに入社し「路上の霊魂」などを監督。他に「清作の妻」「街の手品師」「灰燼(かいじん)」など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村田実
むらたみのる

[生]1894.3.2. 東京
[没]1937.6.26. 東京
映画監督。初め新劇運動に身を投じたが,帰山教正らの純映画劇運動参加。『生の輝き』 (1918) ほかに出演後,松竹キネマに入社,監督となった。『路上の霊魂』 (21) は日本映画史に残る代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の村田実の言及

【日本映画】より
…そこへ出現したのが帰山教正(かえりやまのりまさ)(1893‐1964)の〈純映画劇〉である。
[帰山教正と純映画劇運動]
 天活の映写技師兼外国部員であった帰山教正は,陰ぜりふの廃止と字幕の使用,女形に代わる女優の採用,演出法の改革に基づく〈純映画劇〉運動を提唱,新劇の村田実,青山杉作らと映画芸術協会を組織して,天活首脳部を説得し,18年,《生の輝き》《深山(みやま)の乙女》をつくった。2作品は意欲にあふれたもので,最初の映画女優・花柳はるみを生み出したが,商品性に乏しいという理由から翌年秋になってようやく公開され,革新性は認められつつも,外国映画の模倣の濃い試作にすぎないと受け止められて,興行的にも失敗した。…
※「村田実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村田実に近い言葉→村田|宮城県柴田郡村田町村田|柴田実|篠田実|田実|高田実|熊本県菊池市村田|千葉県成田市村田|新潟県長岡市村田|村田銃

村田実の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「村田実」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ