Yahoo!辞書

kotobank > 楊貴妃とは

 

楊貴妃

  • 8件の用語解説(楊貴妃で検索)

大辞林 第三版の解説

ようきひ【楊貴妃】
 
○ (719~756) 中国,唐の玄宗の妃。才色すぐれ歌舞をよくし,初め玄宗の皇子の妃となったが,玄宗の寵愛(ちようあい)をうけて第二夫人の貴妃とされた。楊氏一族もみな高位にのぼった。安禄山の乱を逃れる途上,官兵に縊死させられた。白居易の「長恨歌(ちようごんか)」をはじめ多くの詩や小説の題材となった。
能の一。三番目物。金春(こんばる)禅竹作。白居易の「長恨歌」に基づく。
楊貴妃桜 」に同じ。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よう‐きひ 〔ヤウ‐〕 【楊貴妃】
 
[719~756]中国、唐の玄宗皇帝の妃。永楽(山西省)の人。初め玄宗の子寿王の妃。歌舞音曲に通じ、また聡明であったため、玄宗に召されて貴妃となり、寵を一身に集め、楊一族も登用され権勢を誇った。安禄山の乱で長安を逃れる途中、官兵に殺された。白居易の「長恨歌」をはじめ、多くの文学作品題材となった。
謡曲三番目物金春禅竹作。玄宗皇帝の命を受けた方士(ほうし)が、亡き楊貴妃の霊を仙界蓬莱(ほうらいきゅう)で尋ねあてると、楊貴妃の霊はかつての玄宗との愛などを語る。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようきひ【楊貴妃 Yáng guì fēi】  719‐756

中国,唐の玄宗の妃。名は玉環。永楽(山西省芮城県)出身の蜀州司戸楊玄琰(ようげんえん)の末子として蜀に生まれ,父に死別叔父楊玄(ようげんきよう)の養女となった。735年(開元23),玄宗の第18皇子寿王瑁の妃に迎えられたが,夫の母武恵妃の死後,玄宗の求めで女冠となり太真の号を授かり,4年後正式後宮に入り翌年貴妃となった。宮中では娘子の愛称で親しまれ玄宗の寵を一身に集めたのは白楽天が《長恨歌》にうたうとおりであり,皇后と同じ扱いを受けた。

ようきひ【楊貴妃】 

能の曲名。三番目物。鬘物(かつらもの)。金春禅竹(こんぱるぜんちく)作ともいう。シテは楊貴妃の霊。唐の玄宗皇帝に仕える方士(ほうじ)(道教の呪術師。ワキ)は,勅命を受けて今は亡き楊貴妃の霊魂の行方を尋ね,蓬萊宮(ほうらいきゆう)に赴いて,楊貴妃の霊(シテ)と会うことができた。方士は,貴妃没後の皇帝の嘆きを伝え,ここに来た証拠に,帝と貴妃が交わした言葉を教えてほしいと頼む。貴妃は,七夕の夜に比翼の鳥連理の枝となろうと2人で誓いあったという話をする。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊貴妃
ようきひ
Yang gui-fei; Yang kuei-fei

[生]開元7(719)
[没]至徳1(756).馬嵬坡
中国,唐の皇妃。蒲州永楽 (山西省 芮城県) の人。幼名は玉環。初め玄宗の皇子寿王ぼうの妃であったが,のち玄宗に召され,天宝4 (745) 年貴妃に進んだ。玄宗の寵を一身に受け,一族みな高官に上り,権勢をほしいままにしたので恨みを受け,安禄山の乱で玄宗が四川に逃亡する途中,馬嵬坡で一族の楊国忠とともに兵士強要によって死を賜わった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ようきひ 【楊貴妃】 

カクテル一種桂花陳酒キンモクセイの花を白ワインに漬けたリキュール)、ライチリキュール、グレープフルーツジュース、ブルーキュラソーをシェークし、カクテルグラスに注ぐ。ショートドリンク。◇名称は、中国の楊貴妃(唐の時代の皇妃)がライチを好んだという逸話にちなむ。


(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

楊貴妃
 
1955年公開日本映画監督溝口健二脚本:陶秦、川口松太郎依田義賢、成澤昌茂、撮影杉山公平出演京マチ子、森雅之、山村聡、小沢栄、山形勲、南田洋子ほか。
最終更新日:2012/10/30


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

楊貴妃 【ようきひ】

唐の玄宗の愛妃。初め玄宗の子寿王の妃となったが745年玄宗に召し出され宮中に入る。寵愛(ちょうあい)を一身に受け,楊氏一門はみな高位に列した。ために国政は乱れ,安禄山の反乱を招いた。 (719-756)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の楊貴妃の言及

【貴妃酔酒】より
…中国の京劇の演目。唐の玄宗皇帝より,百花亭で酒宴を開くことを命ぜられた楊貴妃は,用意万端ととのえて待っていたが,皇帝は急に梅妃のいる西宮に行く先を変えられたと知らせが入る。心の懊悩もだしがたく,側に仕える高力士と裴(はい)力士を相手に酒を飲み,飲むほどに酔うほどに胸の愁いは深まるばかり,覚えず大酔する。…
【玄宗】より
…その最強のものが平廬,范陽,河東の3節度使を兼ねた安禄山である。 だが玄宗はしだいに意欲を失い武恵妃さらに実子寿王の妃楊玉環(楊貴妃)を溺愛し,政治を顧みなくなり,管絃,宴遊にうつつをぬかすありさまであった。李林甫が死に,貴妃の縁につながる楊国忠が実権を握ると,不仲の安禄山は755年(天宝14)11月,君側の奸楊国忠を除くと称して兵を挙げ(安史の乱)洛陽をおとして帝位につき,さらに兵を派して長安に迫った。…
【長恨歌】より
…806年(元和1)に成ったもので,七言で120句の長編物語詩の体裁をもつ。唐代極盛期の玄宗皇帝と楊貴妃の愛の生活をテーマとする。出会い,結ばれてから,安禄山の乱,楊貴妃の死,その後の帝の心境などを,おおむね史実に即しつつ,想像による脚色をも加え,小説的構成の中で華麗に描く。…
【レイシ(茘枝)】より
…〈ライチー〉ともいう(イラスト)。中国では楊貴妃のために人馬が8昼夜かけて華南より直送されたというほど珍重された亜熱帯の果物。中国料理のデザート用。…
※「楊貴妃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楊貴妃に近い言葉→面面の楊貴妃|楊貴妃桜|楊貴妃(桜)|楊貴妃観音|楊貴妃墓|酔楊貴妃|楊貴妃伝説|酔楊貴妃乙女|花舞う長安 玄宗と楊貴妃|貴妃酔酒

楊貴妃の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「楊貴妃」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ