Yahoo!辞書

kotobank > 気候帯とは

 

気候帯 【きこうたい】

  • 5件の用語解説(気候帯で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きこうたい【気候帯 climatic zone】 

地球上の気候分布マクロスケールで見ると,太陽放射量の分布に大きく左右されて,緯度にほぼ平行帯状地域区分できる。このような気候区分地域を気候帯という。古代ギリシア学者たちによってクリマータklimataと呼ばれたのがはじまりで,数理気候的には両回帰線によって挟まれた熱帯,回帰線と極圏との間の温帯,極圏内の寒帯に分けられる。また,物理気候的な立場から気温を用いて気候帯を決めたものを温度帯という。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

気候帯 【きこうたい】

気候がよく似た特徴を示すほぼ同一緯度圏に沿ういくつかの地帯。最も単純な気候帯は熱帯温帯寒帯の三帯。さらに細分するときは気候区と呼ぶ。気候分類学では多くの学者によって各種基準のもとにいろいろな気候帯,気候区が設定されている。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気候帯
きこうたい
climatic zone

地球を大きく気候の共通性によって区分したもの。地球上の気候は,太陽放射量の分布に大きく左右されるため,古代では緯度に平行して熱帯温帯寒帯に分けられた。しかし,実際には水陸の分布,地形などにより区分は複雑になってくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きこうたい【気候帯】
 
地球上の気候分布をおよそ緯度圏に平行して帯状に区分したもの。熱帯・亜熱帯(乾燥帯)・温帯・亜寒帯(冷帯)・寒帯などに分ける類。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きこう‐たい 【気候帯】
 
地球上の気候分布を、緯度にほぼ平行な帯状の地域に大まかに区分したもの。熱帯温帯寒帯などに分ける。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気候帯に近い言葉→気候|大気候|気候学|気候型|中気候|小気候|気候区|気候図|微気候|気候因子

気候帯の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「気候帯」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ