Yahoo!辞書

kotobank > 浦山桐郎とは

 

浦山桐郎 【うらやまきりお】

  • 3件の用語解説(浦山桐郎で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦山桐郎 うらやま-きりお
 
1930-1985 昭和時代後期映画監督
昭和5年12月14日生まれ。昭和29年日活にはいり,今村昌平,川島雄三助監督をつとめる。37年「キューポラのある街」で監督としてデビュー。「非行少女」「私が棄てた女」「青春の門」など評価のたかい9作品をのこした。昭和60年10月20日死去。54歳。兵庫県出身。名大卒。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うらやま‐きりお 〔‐きりを〕 【浦山桐郎】
 
[1930~1985]映画監督。兵庫の生まれ。「キューポラのある街」で監督デビューし、注目を集める。生涯で監督した作品は9本と寡作ながら、どの作品も高く評価された。他に「非行少女」、遠藤周作原作「私が棄(す)てた女」、五木寛之原作「青春の門」など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浦山桐郎 【うらやまきりお】

映画監督。兵庫県生れ。1954年名古屋大卒業後日活に入社し,川島雄三,今村昌平などの助監督につく。吉永小百合主演の《キューポラのある街》(1962年)で監督デビュー。 (1930-1985)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

浦山桐郎に近い言葉→横山桐郎|山桐|金門五山桐|浦山|山桐庵其風|埼玉県秩父市浦山|山口県周南市浦山|宮城県刈田郡七ヶ宿町浦山|新潟県新潟市西区浦山|富山県下新川郡入善町浦山新

浦山桐郎の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「浦山桐郎」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月20日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ