Yahoo!辞書

kotobank > 石川郎女とは

 

石川郎女 【いしかわのいらつめ】

  • 3件の用語解説(石川郎女で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いしかわのいらつめ【石川郎女】 

万葉歌人。生没年不詳。字を大名児(おおなこ)といい,7世紀末の天武・持統朝に草壁皇子大津皇子に愛され,約20年後の藤原末期大伴田主(おおとものたぬし)・宿奈麻呂(すくなまろ)兄弟思いをかけた歌をよんでいる。石川郎女の相手はいずれもそのころの代表的な貴公子美男で,そうした男性浮名を流した女性として聞こえていたらしい。《万葉集》には8首の石川郎女の相聞歌があり,相手の男性は7名にのぼるが,すべてを同一人の作と見ることは困難である。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

いしかわ‐の‐いらつめ 〔いしかは‐〕 【石川郎女/石川女郎】
 
大和奈良時代女流歌人。万葉集同名の七人が登場するが、実在したのは三人から五人とする説が有力
久米禅師と歌を贈答した石川郎女。
大津皇子と歌を贈答した石川郎女。
日並皇子(ひなみしのみこ)に歌を贈られた石川女郎
大伴田主と歌を贈答した石川女郎。
大伴宿奈麻呂に歌を贈った石川女郎。
大伴安麻呂の妻の石川郎女。
藤原宿奈麻呂の妻の石川女郎。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いしかわのいらつめ【石川郎女】
 
女流万葉歌人。
久米禅師と歌を贈答した女性。
大津皇子と歌を贈答した女性。
日並親王(ひなみしのみこ)が歌を贈った女性。大名児(おおなご)。
大伴田主に求婚した女性。石川女郎。
大津皇子の侍女で,大伴宿奈麻呂(すくなまろ)に歌を贈った女性。山田郎女。
大伴安麻呂の妻で坂上郎女(さかのうえのいらつめ)の母。石川朝臣。石川命婦(ひめとね)。邑波(おおば)。
藤原宿奈麻呂の妻。 〔② ③ ④ ⑤ は同一人とする説が有力だが未詳〕


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川郎女に近い言葉→石川郎女(2)|石川郎女(3)|石川郎女(4)|石川郎女(1)|大郎女|郎女|軽大郎女|坂上郎女|猿ヶ石川|衣通郎女

石川郎女の関連情報

ショッピング検索

「石川郎女」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ