Yahoo!辞書

kotobank > 見通しとは

 

見通し 【ミドオシ】

  • 2件の用語解説(見通しで検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐とおし 〔‐とほし〕 【見通し/見透し】
 
《「みどおし」とも》初めから終わりまで見つづけること。「朝からテレビの―だ」
さえぎるものがなく遠くまで見えること。また、その場所。「―のきく展望台」
人の心や目に見えない内面物事を見抜くこと。洞察。「何でもお―だ」
物事のなりゆきや、将来のことを予測すること。「復旧の―がつかない」

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みとおし【見通し】
 
遠くの方まで見えること。 「 -の悪い曲がり角」 「 -のきく高台」
(多く「お見通しだ」の形で)他人の本心や考えなどを見抜くこと。洞察。 「神様はすべてお-だ」 「そんなことは先刻お-だ」
未来の事まで予測すること。 「先の-が立つ」 「 -のきく人」 「 -が甘い」

インタレストマッチ - 広告の掲載について


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

世界大百科事典内の見通しの言及

【洞察】より
…動物心理学用語。〈見通し〉ともいわれる。ヒトないし動物がある困難な情況に直面したとき,突然,解決手段を見いだして,その情景の目的にかなった行動をとるような場合の心的過程を説明する概念で,ゲシュタルト心理学に由来する。…
※「見通し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

見通しに近い言葉→御見通し|神は見通し|天は見通し|見通し外レーダー|企業経営者見通し|見通し内無線中継方式|長期エネルギー需給見通し|三寸見通し|見通し外通信|社会保障の給付と負担の見通し

見通しの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「見通し」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ